【2020年版】WordPressのSEOを強化する設定

【2020年版】WordPressのSEOを強化する設定

もともとWordPressはSEO対策に強いホームページ作成ツールとして人気があります。しかし、WordPressそのものの機能と併せて、プラグインや投稿の仕方を工夫することによって、さらにその効果を高めることができます。具体的にどんな施策を採ることができるのかを探ってみましょう。

WordPressの設定ポイント

seo効果を高めるために、まず基本的な操作としてwordpressでの設定を見直すことができます。WordPressに関わらず、ホームページ作成においてのseo対策の基本とも言えるものですので、まずこうした基本的な工夫をきちんとしているかを確認する必要があります。

「Google XML Sitemaps」を使い、Googleにサイトマップ送信をする

検索エンジンの中でも特に重要度の高いGoogleへのSEO対策では、まずサイトマップの送信をするというのは欠かせない作業です。サイトマップをGoogle Serach Consleに登録することによって、サイトにある記事のインデックス状況が確認できますし、最新の更新状況が検索結果に反映されやすくなるというメリットがあります。また、基礎的なこととして、サイトマップを登録しておくことで、サイトの評価が上がることになります。 このサイトマップの送信に便利なのが「Google XML Sitemaps」です。無料で利用できますし、簡単な設定ですぐに送信ができますので使わない手はありません。Googleツールということもあって、検索エンジンとの相性が良く必要な設定をすべてまとめてできるのも便利です。

「noindex」「canonical」を上手に使い、低品質評価のリスクを回避する

もう一つのポイントは、低品質なページをインデックスされないようにするという作業です。大きなサイトの中には、どうしても検索エンジンの観点では品質が低いページというのが出てきます。こうした低品質なページを検索エンジンに認識されないようにして、高品質のページだけをチェックしてもらうようにします。こうすることで、サイト内の高品質ページの割合が高いという評価を受けることができて、seo効果が上がるというわけです。この作業のために利用できるのが、 「noindex」と「canonical」というタグです。これらのタグを認識されたくないページに埋め込むことによって、低品質なページの割合を下げることができるのです。

パーマリンクの設定を意識する

wordpressの投稿画面のタイトルの下にあるのがパーマリンクの編集ウィンドウです。このパーマリンクは、デフォルトだとタイトルのままとなっています。しかし、seo効果を上げるためには、この部分を変更した方が有利です。具体的な方法としては、タイトルをシンプルな英語に替えるというものです。英字になっていると、Googleの検索アルゴリズムの好みに適うようになります。非常に簡単な作業ですが、それ以上の効果があるポイントですので、必ず実行するようにしましょう。

スマートフォンで見やすいレスポンシブ用テンプレートを選ぶ

wordpressのテンプレートはデザイン、機能の面でたくさんの種類があります。その中でも、レスポンシブ対応のテンプレートを選ぶことは重要です。レスポンシブ対応とは、スマホユーザーがサイトを閲覧する場合、自動的にスマホに最適化してくれるという機能です。フォントサイズや画面の大きさなどをパソコン用よりもコンパクトにして、見やすくしてくれるのです。見やすくなってユーザーからの評価が高くなるというだけでなく、SEO対策にも効果的です。レスポンシブ対応をしているということで、高品質のページと見なされ評価が上がるからです。

モバイルフレンドリー・表示速度は最重要ポイント

サクサクとページを読めるというのは、ユーザーにとって快適な閲覧につながる大事なポイントです。そのため、seo対策においても重要な点となります。特に最近では、モバイル機器による快適さというのが重要視されるようになっています。

サイト表示が2秒遅いだけで直帰率は50%増加

サイトの読み込みスピードというのは、直帰率、つまり元のページ帰る率に直接関係します。表示が遅くなると、直帰率はどんどん大きくなります。具体的にはサイト表示が2秒遅くなると、直帰率は50%上がってしまいます。ページを見てもらえることなく、他のサイトに移ってしまうということですので、致命的なダメージを与えるものとなると言えます。

WordPress高速化を考える上で知っておきたいこと

wordpressを高速化させるためには、まずサーバーの性能をチェックしてみることが大事です。サーバーレスポンスが遅いのであれば、他の対処方法をいくら採っても意味がありませんので、アクセス対応能力を上げる必要があります。その上で、WordPressで作ったページ内容や設定を見直してみることができます。たとえば、プラグインをたくさん入れていたり、大きな容量のものを使ったりしていると、読み込みに時間がかかります。また、サイト内の写真や動画ファイルなどの容量もチェックしたいところです。質を落とさない程度に、軽いイメージを使うようにしましょう。

モバイルフレンドリーテスト&表示速度のテストをしてみよう

読み込み速度を上げるための施策はいろいろありますが、まずは自サイトの表示速度がどのくらいか、モバイル機器での快適さはどのくらいを知る必要があります。そこで役立つのが、Google Search Consoleにある「モバイルフレンドリーテスト」です。このツールを使えば、表示速度と共にスマホなどでの表示の状態や、対応していないファイルやプログラムの有無をチェックできます。

記事コンテンツのポイント

記事コンテンツそのものを改善することでも、SEO対策ができます。質の高いページにする上で欠かせませんので、執筆段階から気を遣うようにしましょう。

ページごとにユニークなタイトル・ディスクリプションを表示する

タイトルやディスクリプションは、読者の関心を惹くのに欠かせません。短いワードでインパクトのあるもの、記事の内容をきちんと伝えるものにすることでSEO対策ができます。

全角32文字以内にすること などなど

具体的には、タイトルを全角で作り全部で32文字以内にすることが効果的です。検索結果の文字列にタイトルがすべて入りますので、ユーザーがクリックしやすくなるというメリットもあります。

引用部分に「引用タグ」を使い、オリジナルコンテンツと引用との線引きをする

コメントや口コミ、資料を引用するなどのケースでは、「引用タグ」を使うようにします。これにより、本文と引用文の線引きができますし、他の文献などからの引用がなされていて、客観的な文章となっているという証拠ともなります。結果としてサイトの読みやすさと信用度が上がりSEO効果がアップするのです。

サイト内の回遊率を上げるために内部リンクを強化する「関連記事」へのリンクを入れる

同じサイトに長い時間留まってもらうということも、良いサイトの一つのポイントとなります。そのためにも、サイト内の他のページへの誘導を上手にする必要があります。そこで、関連記事との関連性を作るため、リンクを入れて内部リンクを強化します。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら