【2020年版】SEOにまつわる都市伝説

【2020年版】SEOにまつわる都市伝説

サイトを作成する人であれば、誰でもできるだけ検索サイトの検索結果上位に表示されるようにしたいと思うものです。そのため、どのような視点で検索アルゴリズムが働いているのかということは、サイト運営者や技術者にとって大きな問題となっています。検索結果をアップさせるためのSEO対策手法は、いろいろなことが言われていて、いわば都市伝説の類の根拠があやふやなものもあります。そこで、巷で言われている対策方法が果たして本当に効果があるのかというのを、2020年現在の情報を基にチェックしてみましょう。

目次

GoogleはSEOを嫌っている?

SEO対策を採ることをGoogleは嫌っていません。多くの対策はサイトを見やすくしたり、解析をしやすくするのに役立っているからです。これはユーザーにとっての益ともなることで、結果的に質の高いサイトを作ることにつながります。もちろん、極端なテクニカル面での施策に注力することは、かえって検索結果を下げることになりかねません。

内部リンクのアンカーテキストは重要?

内部リンクが充実していて、アンカーテキストが適切に用いられている場合、検索エンジンからの評価が上がることになります。サイト内のクロールがしやすくなりますし、ユーザーがサイト内にどんなページがあるのかを理解しやすくなるからです。

メタキーワードを入れると検索順位がアップする?

以前はメタキーワードは一つの要素となっていました。しかし、少なくても2020年の時点では評価の対象となっているものではありません。そのため、それほどユーザーへの大きな益とはならないメタキーワードよりも、タイトルやディスクリプションの方に力を入れた方が賢明です。

被リンクを付ければ付けるほど順位はアップする?

被リンクがチェックの対象となるのは事実です。しかし、単にたくさんの被リンクがあればいいという問題ではありません。とにかく量だけを求めた場合、逆にペナルティーの対象となってしまうリスクがあります。特に他の自サイトのリンクなどの自作自演は逆効果です。

サーバが海外にあるとマイナスになる?

サーバーの場所は大きなポイントとはなりません。ただし、ドメインについては解析がなされますので、対策を施す時には検討する必要があります。また、地域限定の内容を伝えるサイトである場合は、地域性が問われることもありますので、特殊なケースですが影響を与えることもあります。

記事を追加・更新すればするほど順位がアップする?

もちろん、まったく記事の追加や更新がないサイトよりも、新しい記事がアップされるサイトの方が評価は高くなります。最新の情報が掲載されていると判断されるからです。ただし、これは質の良い記事であるという条件付きです。ユーザーにとって益となる情報をアップするということを第一にして、質をおろそかにした更新は避けた方が良いでしょう。

適切ページタイトルとメタディスクリプションはランキングを向上させる?

ページの内容に合っているタイトルとメタディスクリプションは、ランキングに影響します。それにより、記事の内容を推察することができますし、検索クロールにも役立つからです。また、ユーザーのクリック率を押し上げることにもつながりますので、興味を惹くタイトルやディスクリプションを考案することは重要です。

コンテンツこそが一番重要?

もちろん、質の高いコンテンツというのは重要度の高い要素であり続けています。しかし、それだけで検索結果が保証されるというわけではありません。サイト構成やインデックスの提供、タグの有効性などバックルヤードに置ける技術的な質の高さもポイントとなります。総合力が求められているとも言えるでしょう。

SEO最適な記事の文字数は決まっている?

情報量を一定程度保つために、極端に短い記事よりもある程度長い記事の方が高く評価される傾向にあるのは事実です。しかし、これもあくまでも有益な情報が詰まっている記事かどうかという点が大きなポイントです。無意味な文章や同じような内容の繰り返しや羅列は、Googleが運用する文章のAI解析ツールによって暴かれてしまい、質の低い記事であるという評価につながってしまう可能性があります。

キーワードの出現頻度が高いほど、検索順位が良くなる?

キーワードが適切に使われているというのは、検索順位に影響するのは事実です。しかし、たくさんキーワードが出現していれば、自動的に検索結果が良くなるということでは決してありません。逆に不自然な仕方でキーワードが繰り返されている場合、マイナス材料となってしまうリスクもあります。

ドメイン名が古いほど、ランキングで有利になる?

ドメインエイジというのは、一定程度影響を与えます。それだけ権威があり信頼性の高いサイトだという判断がなされるからです。しかし、ドメインが古いというだけでは、検索結果を大きく変えるものとはなりません。たとえば、全く更新がなされていないようであれば、活動していないサイトだと見なされてしまうことがあるからです。

.comや.netなどのレガシーなTLDの方がランキングで有利になる?

TLDのタイプはそれほど大きな影響をもたらすわけではありません。ただし、地域色の強い内容をメインにサイトを作っている場合、地域TLDを使っていると高評価を受ける要素となります。

ccTLDはそれぞれの国において強力なシグナルとなるか?

それぞれの国もしくは地域に特化した内容を扱っているサイトであれば、信頼性を高める要因とはなります。しかし、それだけで検索結果の上位に食い込めるほどの力を持っているとは言えません。グローバル規模のサイトが増えている2020年、SEO対策が大きな要因となるかどうかは微妙な要素です。

ページランクの高いドメインを買って、新しいサイトを立ち上げると有利になるか?

サイトの移行方法にもよりますが、基本的に、単に同じドメインを使っているから順位を維持できるということではありません。場合によっては、検索エンジンからの評価が白紙に戻されてしまうリスクも抱えています。

ドメインは短い方がいい?

ドメインの長さは直接影響を与えるポイントではありません。もちろん、ドメインが短い方が覚えやすく、URLを直打ちする時にはミスも減りますので、ユーザーにとってはありがたい点であることは事実です。

ドメインにはキーワードを含めた方がいい?

以前はこのような要素もありました。しかし、現在ではキーワードの有無は関係ありません。こうしたテクニカルな施策に走り過ぎたことによって、現在では無視されてしまっているのです。

共有IPアドレスでのホスティングはランキングに影響しない?

ランキングに影響しません。これは共有IPアドレスでも専用のものでも、大きな差をもたらさないということによります。

高速なサーバー使えば速度的には問題ない?

サーバーを高速にさえすれば、ページの表示速度が上がるというわけではありません。埋め込んでいるプラグインや画像、動画などの容量にも大きく影響するからです。ページの表示速度は、Googleからの評価に関係しますので、しっかりと検討したいところです。

構造化データは検索順位に影響する?

構造化データは現在のところ、検索順位に影響を与えるものではありません。とはいえ、ユーザーから見れば大事な要素となります。サイトの全体的な見え方がより理解しやすくなりますので、クリック率を上げるなどの効果が出ることになります。

Googleはレスポンシブデザインを推奨?

レスポンシブデザイン、つまりスマホなどのデバイスに対応しているサイトであることは、検索順位に直接関係しています。パソコンでの閲覧よりもスマホ利用の方が多くなってきていますので、それに伴ってスマホへのサイト最適化というのは大事な要素となっています。

レスポンシブなメインドメインの方がサブドメインでのモバイルフレンドリーより有利?

一つのドメインでモバイル対応にするのも、サブドメインで対応させるのも変わりはありません。結果的にユーザーには大きな影響を与えないからです。また、Googleとしてはそれほどバックグランドのテクニカルな面については、大きなポイントと見ていませんので、検索結果に大きな影響を与えるものとはならないのです。

静的なWEBサイトでもHTTPSは推奨?

常にHTTPSが推奨されている事実は変わりません。HTTPSでないサイトはセキュリティー面で問題があるという判断がなされ、様々なペナルティーを受けることになります。警告表示が出るなど、ユーザーがクリックを避ける原因ともなってしまいます。そのため、動的でも静的でもHTTPSは必須と考えましょう。

セキュリティに問題のあるサイトは、検索画面の見た目に影響する?

セキュリティは重要なポイントです。そのため、危険性があるサイトは検索結果ページに表示されます。GoogleChromeでは、こうしたサイトを表示する時に警告を表示しますし、そもそも表示すらブロックすることもあります。ユーザーの個人情報が危うくなるなどの実害が出るリスクも高くなりますので、単に見栄えの良いサイトを作ることだけでなく、安全性の高いサイトにするということもきちんと考えましょう。

サブディレクトリよりもサブドメインの方が有利?

原則としてはどちらでも変わりがありません。ただし、使いやすくクロールしやすい構造に適しているかどうかという点に発展しますので、サブディレクトリの方が有利なこともあります。これは実際に対策を施しているエンジニアの体感的なもので、Googleからの公式な意見というわけではありませんが、何らかの点で検索結果に影響していると考えることができます。

URL構造からそのページの言語を特定している?

コンテンツ自体から言語を判別していますので、URLからの特定はしていません。そのため、URLに日本などの国を連想させるワードを入れたとしても、言語特定のために解析されることはありません。あくまでも、実際の記事内容が言語を見る基準となっているのです。

Google認定証を持つSEO代理店を雇うべきか?

そもそもGoogleでは認定制度を持っていません。Google認定証という存在しないものを売りにして宣伝をしているケースがあったら、むしろこんなことを言う業者には注意しないといけません。

Google広告(旧Adwords)に出稿するとSEO効果がある?

いろいろなツールを使えるというメリットはありますが、検索結果に直接影響を与えるものではありません。

AdSense広告はランキングにマイナスに影響する?

広告が過剰にある場合、ランキングを下げます。これは広告タイプに関係がなく、どのような広告であってもページの中に広告ばかりあるという作りはマイナス材料となります。

YouTube動画を掲載すると順位が上がる?

コンテンツの質が上がるのは事実ですが、それだけで順位が上がるということではありません。よりユーザーから見やすく理解しやすいページとなっているかどうかがより重要な要素となります。動画や画像を挿入することによって、より理解しやすいコンテンツとなり、権威性が高まる理由となることもあります。そのため、YouTubeの動画だからということではなく、コンテンツの質に影響する動画の使い方をしているかという点がより重要なノアです。

WordPressで作られたサイトを上位表示しますか?

どのツールで作られたかは関係がありませんので、WordPressだから上位に行くということではありません。もっともSEO的に優れたサイトを作るのに役立つツールではあります。世界で最もホームページ制作のために使われているツールでもありますし、様々なプラグインツールやノウハウが蓄積されているサービスです。そのため、効果的にWordPressを使えば、質の高いサイトを作ることができて、結果的に検索結果を押し上げることになるかもしれません。そのため、WordPressを使っているからいいという自動的なものではなく、いかにしてその有用なツールを利用するかということの方が大事なのです。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら