2020年のSEO対策まとめ

2020年のSEOまとめ

Googleは常に検索アルゴリズムの内容をアップデートしていて、今まで検索順位で上位をキープしていたから、これからも大丈夫ということはありません。実際に、2018年の検索結果と2019年の検索結果は大きく異なっています。そのため、2020年まとめとして、この一年でどのように検索条件が変わってきているのか、どのような対策を採ったらより効果的なSEOができるのかを知る必要があります。

SEOの役割が大きく変わった2019年

2020年になって一年を振り返ると、2019年にはかなりGoogleのアルゴリズムパターンが変わったということがよく分かります。もちろん、いつもGoogleは検索アルゴリズムの内容を変えていますが、特に2019年はその根本的な考え方が変わった、もしくは原則が強化されたという点が強く見られるのです。そのため、既存の検索エンジン対策では効果がうまくでなくなっているというケースも多くあり、しっかりとアルゴリズムの分析をしないといけません。表面的なパターンが変わったわけではなく、根本的な部分が変わっていますので、対策を採る上でも大きな変化が求められています。

大手サイト・企業ですら検索順位下落

こうした根本的なアルゴリズムの変化、もしくは重要視するポイントの変化は、ユーザーへも大きな影響をもたらしています。特に大企業やいわゆる大手サイトと呼ばれるところに影響が出ていると言えます。というのも、今まではブランド力の高い大企業や大手サイトは、特に大きな努力をしなくても、常に検索結果の上位に君臨していることが多かったものです。しかし、2019年になって今まで不動の地位だった企業やサイトが、検索順位を下げるということが多く見られるようになったのです。これは、やはり検索アルゴリズムの原則そのものに大きな変化があったことを示しています。既存の検索エンジン対策では追い付かない部分での変更が加えられたからこそ起こった現象なのです。

検索上位に残ったサイト3種類

Googleはある程度の検索アルゴリズムにおける優位性の原則を発表しています。その中でも最も重要視されているのが、サイトの権威性というものです。権威性が高いサイトほど検索結果で有利になるという考えが、今まで以上にはっきりと見えました。

この第一のポイントの他に、コンテンツの質を確保するための努力とコストをしっかりとかけているかという点が挙げられます。単にサイトの知名度がある、テクニック的にSEO対策がしっかりとなされているかということではなく、その内容のレベルがより強調されるようになっているのです。

三つ目のポイントとしては、被リンクの量と質です。これは権威性とも大きく関わるものですが、やはり被リンクが多いということは、それだけ信用性が高いということを意味していますし、外部からの人気もしくは支持が高いということを示しています。そのため、被リンクの構築をしっかりと行っている、もしくは自然と被リンクがたくさんできているサイトというのが高く評価されることになったのです。

権威性=メディアに露出ではない

サイトの権威性というのは、世間一般で考えられている概念とは少し異なります。一般的に権威性と言えば、たくさんテレビや雑誌などのメディアに登場していて、多くの人にもてはやされている状態を考えます。しかし、メディアにたくさん出ているからGoogleが高く評価するということではないのです。あくまでネット空間の評価はネット空間内で行うという考えがありますので、外部メディアとは切り離して行われます。特にネットユーザーがそのサイトのことをどう見ているか、という点が強調されていて、ネットの中で権威があるかどうかというのが大事なのです。

Googleが権威性を割り出す仕組み

具体的には、Googleが行うユーザー行動の解析によって権威性が割り出されています。かなり広範囲にわたる行動の解析を行っていて、ユーザーがダイレクトでURLを打ち込んだ割合やクリック数、アクセス数、同じサイト内での滞留時間などを見ています。また、GoogleChromeの利用解析も行っていて、ブックマークに指定されているサイトかどうかなどの指標もあります。本当の意味でユーザーから支持されているサイトなのかどうか、という点が権威性に大きく影響しているとも言えるでしょう。

コンテンツコストが高騰

権威性を上げるためにも、アルゴリズムからの高い評価を受けるためにも、コンテンツの質を上げるというのは変わらず最重要ポイントの一つです。ユーザーがどんな内容を求めているかを分析して、より深く最新の情報をリサーチする、といった努力がより求められています。そして、文章力の高いプロ、デザインのプロに依頼しコンテンツを作ります。その後も、サイトの分析やユーザーからのフィードバックなどをしていき、一つ一つのページを作るために、相当な時間と手間、そしてコストがかかるようになっているのです。より良い検索結果を出すために、コストが高騰しているというのが現状なのです。

ランクブレイン(Rankbrain)とニューラルマッチング

Googleではランクブレインというシステムを利用しているとされています。これはAIによる解析システムで、コンテンツの意味をより深く理解するためのものです。また、ニューラルマッチングという手法では、特に検索キーワードの理解と、コンテンツ内での利用状況を解析することができます。これにより、いわゆるテクニカル的な検索エンジン対策では対応できない、本質的なコンテンツの質の評価がなされることになります。文章そのものの良さを評価するという方向に動いていますので、この分野での努力がさらに求められます。

被リンクの有効性

コンテンツの質とは別に、被リンクの質と量というのは依然大きな影響力を持っています。相当量の被リンクを抱えるサイトは、生存力が強く動じることなく高い検索順位をキープできているからです。こうしたサイトでは、とにかく被リンク確保の能力が高いことが分かります。ちょっとした関わりから被リンクを得ていて、多方面の分野からリンクを受けることができています。

2020年のSEOで注力するポイント

こうして2019年に起こった大きな変化を分析すると共に、これからGoogleが注力する点を考慮すると、特にサイトの権威性、ターゲット層の検証、被リンクの改善、記事そのものの質向上などに取り組む必要があることが分かります。より根本的な部分での努力が求められるのです。

集客プランの見直し

集客をするために、いわゆるテクニカルなSEOを重視してきた場合、その手法で良いのかという点から考える必要があります。もしくは、今までこうした対策に力をずっと入れてきたため、すでに十分な対策ができているかもしれないと考えることもできます。上記のように、権威性が重要な意味を持っていますので、プランを見直しかじ取りをすべきポイントに差し掛かっている可能性があるのです。

サイトの権威化(ブランド化)

ネット空間全体でのブランド力を高めることがより重要になってきています。そのためにも、通常サイトだけでなく、複数のSNS媒体や動画サイトなどにおいても知名度を上げられるようにすることがポイントとなってきます。こうした複数媒体からの支持があれば、特定ジャンルの中でのユーザーとの関係性が強くなります。ターゲットとなるユーザーとの関係性をしっかりと保ち、双方向のコミュニケーションがあればあるほど、サイトの権威性が高くなってきます。彼らが何を求めているかを理解しやすくなりますし、レスポンスをチェックしやすくなるからです。また、ユーザーからの反応も強くなりますので、さらに権威性が高くなります。

ターゲット層へのリサーチ

ターゲット層へのリサーチはどの媒体でも重要ですが、特にどのメディアをよく使ってるかという分析は大事です。それにより、SNSなどへの注力をする時、特定メディアにより絞ったアクションを取れるからです。また、ターゲットのタイムリーな関心事を知ることも重要です。同時に、これからどんな点に関心を向けるのかという予測をしましょう。ターゲット層が、どのルートからサイトに実際に来ているのか、これからどんなルートから流入する可能性があるかも検討し、ルート強化に努めることもできます。

検証し新たな発見をする

このように、ターゲット層の分析にしてもコンテンツの質向上にしても、検証をすることは欠かせません。Googleのアルゴリズムは常に変化していますし、どこにポイントが置かれているか実際にやってみないと分からないことも多いからです。そのため、とりあえず重要ポイントを予測し、まずは実行することによって検証をしています。その試行錯誤によって、新たな発見が生まれて検索エンジンに強い対策方法を見つけることができるのです。

サイト・記事の設計

サイト全体、そして記事の構成についての設計は、プランニング段階からしっかりと行う必要があります。やはり、サイト全体を貫く統一感のある構成は、ユーザーにとって見やすいというメリットを生みますし、同じサイト内での滞留時間をアップさせる要因となります。また、Googleがサイトをチェックする時も、よりシンプルで効率よく行えますので評価を高めることにつながるからです。具体的には、サイトに一貫性を持たせるタイトル、カテゴリ、それぞれのページのタイトルと見出し、内部リンクでの関連などです。

被リンクを貰いやすいコンテンツ展開

被リンクをもらうというのは、自分だけの努力では完全にできないこともあり、難しいポイントです。しかし、コンテンツの展開の仕方、もしくは提供の仕方を工夫することによって、被リンクを受けやすくなります。たとえば、単なる文字の記事だけでなく、動画や画像を豊富に使った紹介をすることができます。また、読み上げソフトを使って音声化するというのもありです。こうしたオーディオビジュアル形式を利用することで、SNSや動画サイトとのリンクができやすくなります。また、ユーザーからのダウンロードやクリックリピートなども多くなりますし、Twitterなどへのリンク付けもされやすくなってきます。

2020年のSEOでの注目点

2019年に行われた変化と、これからGoogleが力を入れていく分野を総合的に考えると、2020年に注目すべきポイントが見えてきます。

強調スニペット

2019年より強調スニペットがより重要視されるようになっています。そして、強調スニペットで取り上げられるワードの中身がどんどん厚くなっています。そのため、これからさらにこの部分での権威性付けが大きくなっていくことが予想されます。強調スニペットの分析ツールなどもありますので、どんなワードが表示されているのかを解析して、サイト作りに役立てることができます。まだ、日本語サイトではそれほどこの手法が活用されていませんので、他サイトとの差を付けるという意味でも効果性の高いものと言えます。

AMP・PWA

高速化のための手法として、とても効果の出る方法です。ただし、検索エンジンからの評価としてはすぐに反映されるものではありません。どちらかというと、ユーザーから見た使いやすさの向上というところに重きが置かれています。そのため、ユーザーがこれによりさらに使いやすいサイトと認識して、リピートが増える、被リンクが増えるなどの行動を通して、間接的に検索エンジンからの評価が高くなるという流れになります。

音声検索について

スマホにしてもスマート家電にしても、音声検索や音声操作がかなり普及するようになっています。言語によって利用割合が大きく変わる傾向にあり、日本語ではまだ普及段階というところです。そのため、この一年で劇的に重要性が増すということではないかもしれません。しかし、数年後には音声検索に対応したサイトの重要性がアップすることは予測できますので、早めに対策を採っておくことは大事です。音声検索に対応するためには、一定のノウハウが必要ですので、徐々に実践していった方が安心です。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら