【2020版】SEOに効果的なtitleタグの文字数

【2020版】SEOに効果的なtitleタグの文字数

SEOで大切なtitleタグ

titleタグは、サイトの中で重要な働きをします。ページの内容を示すものとなりますし、読者を惹きつける大事なポイントとなります。そのため、検索エンジンでもtitleタグに関連する点を重要視しています。SEO対策を考慮するにあたっては欠かせないポイントとなるのです。

titleタグの重要性と3つの役割

サイトはたくさんのタグによって作られていますが、その中でもtitleタグは検索エンジンにとって非常に重要なものです。titleタグの内容によって、サイトの評価も変わってくるほどなのです。 そのtitleタグの大きな役割の一つは、ユーザーにページの内容を伝え、訪問したいかどうかを判断させるというものです。ページコンテンツを端的にタイトルで伝えることになりますので、それを見てユーザーは、閲覧をするかどうかを決めるのです。そして、このタイトルは他のサイトで紹介されたり、SNSでシェアされた場合も表示されます。これも一つのtitleタグの役割であり、リンクを作る際に用いられることになります。 もう一つの大事な役割は、検索エンジンにページ内容を伝えるというものです。どのジャンルの記事なのか、どんな角度で内容を記しているかを教えることになります。そのため、検索エンジンでは必ずtitleタグの内容と、文章内容をクロスチェックします。タイトルと文章がマッチしていれば、評価が上がるという仕組みです。

SEOに最適なtitleタグの文字数

seoに最適なtitleタグ内に含める文字数は32文字以内がベストです。というのも、Google検索結果では、多くの場合タイトルの表示は30文字から35文字程度となっているからです。それ以上となると、それ以降の内容が省略されてしまいます。こうしたことから、確実にすべてのテーマを生じさせるために、短めの文字数とした方が良いのです。検索エンジンとしても、あまり長いとユーザーが見づらいということから、シンプルに題名をまとめた方が良いという判断を下し、高い評価を付けています。

SEOに最適なtitleタグの書き方

どんな文言をtitleタグの中に入れるのかというのも、seoには重要なポイントです。まず、記事の中でも使用されているキーワード、コンテンツの中心となるワードを入れる必要があります。それにより、タイトルだけでもある程度文章の中身を把握できるからです。しかし、いくつものキーワードを詰め込んで不自然な内容にするのはNGです。本当に重要なワードだけに絞って、分かりやすい題名にする必要があるのです。

hタグの重要性

hタグは見出しを表示するために使います。これはtitleタグと似ていて、ページの中の流れを把握するために役立つものです。そのため、検索エンジンもhタグを重要視していて、SEO効果を左右するものとなります。

hタグの重要性と役割

hタグはページ内の見出しを記すものとなります。見出しの大きさを変えることができ、その見出しの大きさによって、見出しの重要度を見分けることもできるという役割も持っています。そのため、ページの中で見出し内のコンテンツの内容、全体の中でのポイントを理解させるのに役立つのです。検索エンジン向けという意味では、全体的な文章内容を送信するものとなります。titleタグと同様に、短い文言でページ全体の内容を把握するのに役立つのです。

hタグの文字数

hタグは見出しとなるものですので、titleタグと同じようにあまり長すぎないようにした方がSEO対策には有利です。ページの構成によっても違いますが、20文字から40文字程度でまとめるのがベストです。というのも、見出しが長すぎると、文が何列にもなって見た目が悪くなるからです。また、内容がまとまらず、端的にセクションの内容について伝えることが難しくなります。そのため、検索エンジンとしても、ダラダラと長い見出しにしている場合、評価を下げる傾向にあります。もちろん、きちんと次に続く文章の内容を示す必要がありますので、あまりに短すぎてもマイナス点となります。

hタグの書き方

hタグは、h1、h2、h3など数字を付けて、その見出しの大きさを変えることができます。こうすることで、文章を階層化できて見やすいページとなります。h1タグは一番大きな見出しですので、より重要度の高いタグと見なされます。そのため、キーワードをこのタグの中に入れて、文章の内容をはっきりと示す必要があります。また、タグの順番を正確に使うことも重要です。たとえば、h2の下にh1タグが来るということになると、重要度の分け方が混乱してしまいますので、検索エンジンも評価を下げることになります。 また、h2やh3などの下の見出しは使い過ぎないということもポイントです。確かに、こうした小さな見出しは文章の階層化に役立ちますが、あまり使い過ぎると文章が細切れになり、重要度が分かりづらくなってしまう結果になります。そのため、h1タグをメインとして、下のタグはあくまで補佐的な役割の見出しと考えて使うようにしましょう。

metaタグの重要性

metaタグは、titleタグやhタグと並んで、SEO対策には重要なタグです。サイトを訪問する閲覧者には見えない部分も多いですが、検索エンジンにとっては重要な情報を伝えるものとなります。

metaタグの重要性と役割

metaタグは、サイトのトップに来るタグの中に入れられるものです。これは、サイトの設定条件や大まかな情報を伝えるためのものです。主にサイトの内容を検索エンジンに送信するために使われますので、ユーザーのためというよりも検索エンジン向けのタグとも言うことができます。それだけ、検索エンジンはmetaタグからの寄せられる情報を重要視しているとも言えます。また、metaタグの中でもdescriptionタグは、検索ページに表示され、大まかにサイトの情報を把握できるようになりますので、SEO対策の効果を大きく分けるものとなります。

metaタグの文字数

metaタグでは、特にdescriptionタグが重要です。これはGoogleなどの検索結果において、テーマの下に記載される短い紹介文として表示されます。これによって、ユーザーがだいたいの記事の中身を把握し、訪問するかを決めるものとなります。ディスクリプションは検索結果ページでは、だいたい120文字表示されます。それ以上となると省略されてしまいます。そのため、しっかりと内容をまとめて書きつつも、120文字を超えないように書くのがベストでしょう。

metaタグの書き方

テーマと同じく、ユーザーを惹きつける役割を果たしますので、興味を惹くインパクトのある文章にすることがとても重要です。そして、必ず記事の中で使用されているキーワードを使用します。他のページと同じような調子で書くのではなく、それぞれのページの内容に合わせてオリジナルのディスクリプションを書くというのも非常に重要です。そのページは主に誰をターゲットとして書かれているのかということを意識し、どんな有益な情報を提供しているかを考えて分かりやすくまとめるようにしましょう。単なる紹介文というよりも、興味を持たせるための宣伝文という考え方で作った方が上手にmetaタグを使えるようになります。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら