コンテンツSEOを成功させるライティングのポイント

コンテンツSEOを成功させるライティングのポイント

知りたい情報を検索する際には、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使い、キーワードを入力して探すという方法が一般的です。特定のキーワードで検索をすると、ヒットするコンテンツの数はとても多く、何十ページにも及びます。しかし、すべてのページにじっくり目を通して欲しい情報を探すという人は少なく、たいていは最初の1ページ、多くても数ページぐらいしか目を通さないのではないでしょうか。ここでは、検索エンジンの上位ページに表示されやすいコンテンツSEOについて知っておきたいポイントをご紹介します。

コンテンツSEOのライティングとは

コンテンツSEOライティングとは、検索エンジンが読み取りやすいように工夫したライティング手法です。同じ文章でも、特定のキーワードがどこにどんな風にちりばめられているかによって、検索エンジンの読み取りやすさが異なります。その結果、検索結果として表示される位置も変わってきます。

コンテンツSEOとは?

SEOにはいろいろな手法がありますが、その中でもこの手法は、コンテンツの中にユーザーが知りたい情報をしっかりと含めることによって、ユーザーにとって有意義なコンテンツにするとともに、検索エンジンにとっても読み取りやすい内容にするという手法です。この手法の最も重要なポイントは、検索をするユーザーにとって知りたい情報が、どのぐらい深く掘り下げてコンテンツの中にあるかという点です。

コンテンツSEOのライティングとは?

これは、検索エンジンを意識したコンテンツ作りをする書き方の手法のことです。具体的に言うと、検索ユーザーが探しているキーワードをコンテンツ全体にバランスよくちりばめるとか、関連キーワードなども使ってユーザーにとって魅力的なコンテンツにするという手法です。この書き方を意識することによって、検索結果のより上位ページへの表示が可能となります。

コンテンツSEOライティングのポイント

書き方のポイントは、まず実際にコンテンツを書き始める前に、どんな内容にするのか、情報を整理するところから始めると良いでしょう。具体的にどんな情報を盛り込むのか、どんなキーワードを使うのかという点を整理した上で書き始めると、まとまりがあり、情報量が充実したコンテンツを作ることが可能となります。その際に、押さえておきたいポイントがいくつかあります。ご紹介しましょう。

ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすく

コンテンツの内容は、日本語の文章として自然で分かりやすく、それでいて情報量が充実していることが理想的です。その上で、ユーザーが利用する検索キーワードが多数コンテンツの中にちりばめられていたら、検索エンジンにとっては読み取りやすいコンテンツと判断されるため、上位ページに表示されやすくなります。ただキーワードばかりをオンパレードするのではなく、分かりやすく、ユーザーが何度も足を運びたくなるようなコンテンツを作ることがポイントです。

ページのテーマをキーワードで示す

それぞれのページごとにテーマを決め、キーワードを使ってページを検索しやすく工夫することも大切なポイントです。その際には、多くのユーザーが検索する際に使用するキーワードなども整理した上で、コンテンツを作成すると良いでしょう。一つのページにあれもこれもと情報を押し込むのではなく、階層化して各コンテンツのテーマに沿った内容にまとめたほうが、SEO対策としてはおすすめです。

ページタイトル・見出しはわかりやすく

検索ユーザーは、表示された検索結果のページタイトルや見出しなどを見て、そのコンテンツを読むかどうかを判断します。そのため、ページタイトルや見出しは、そのコンテンツの内容を象徴するようなキーワードを盛り込み、分かりやすいもので簡潔に内容を要約できるような書き方をしたいものです。ボンヤリしたタイトルや見出しよりも、具体的で明確なものの方が、ユーザー誘導率をアップすることができるでしょう。

コンテンツ内容はユーザーファーストで

コンテンツ内容は、ユーザーが知りたい情報であることが、SEO対策ではとても重要です。キーワードばかりを不自然な日本語でオンパレードするのではなく、自然な文章の中で有効なキーワードを使いながら、ユーザーが検索して知りたい情報を深いレベルで提供することが、ユーザーファーストなコンテンツと言えます。

画像はコンテンツ内容の理解を高めるために

コンテンツは、文章だけではなく写真やイラストなどの画像も入れたほうが、ユーザーにとっては見やすく分かりやすいコンテンツになります。画像を選ぶ際には、基本的にコンテンツのテーマに沿ったものをチョイスすることが必要不可欠ですが、ユーザーが邪魔だと思うような大きすぎるものや、開くのに時間がかかり過ぎるようなファイルサイズの大きなものは控えたいものです。

Webライティングは、やればやるほど結果が出る

SEO対策を意識したコンテンツ作成は、初めてのトライで見事な結果を出せる人はいません。なかなか結果が出ないことが圧倒的に多いものです。その中で、試行錯誤しながらあの手この手でトライすることによって、少しずつ検索結果がより上位ページに表示されるようになるのです。やればやるほど結果が出るため、続けることによってより面白くなるのではないでしょうか。

検索クエリと関連性を高める

検索エンジンにとって読み取りやすいコンテンツを作るためには、検索クエリを正しく理解し、関連性のあるキーワードを正しく使うことが必要不可欠です。ユーザーが具体的にどんな検索キーワードを使うのかを研究しながら、コンテンツの中に関連キーワードを自然な形でバランスよくちりばめることが、SEO対策を意識したコンテンツ作りにつながります。

オリジナリティを高める

他のコンテンツをリライトしたような内容では、検索ユーザーは何度も訪問したいとは思わないでしょう。知りたい情報がギュッと凝縮されていてうまくまとめられているコンテンツを作るためには、オリジナリティが必要です。他のサイトよりも内容が濃く、知りたい情報が要約されていれば、検索ユーザーは何度でもリピートしてくれるものです。

専門性を高める

検索ユーザーは、知りたい情報を検索するために複数のサイトを訪問するのが一般的です。その中から見つけるお気に入りのコンテンツの多くは、専門性のある情報が盛り込まれているものです。誰でも知っているような情報しか書かれていないコンテンツよりも、読んでいてなるほどと思えるような専門的な情報が分かりやすく書かれているコンテンツの方が、ユーザーのリピート率がアップするため、SEO対策としてはプラスの効果が期待できます。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成には、いろいろな手法があります。マニュアル作業で検索ワードや書き方などを試行錯誤したり、プロからアドバイスを受けるなど、方法は多種多様ですが、近年ではAIを活用することによってSEO対策に最適なコンテンツ作りをサポートしてもらうツールなどもラインナップされています。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

AI SEOライターは、メディアエクイティ社からラインナップされているコンテンツのアウトラインメーカー的なツールです。コンテンツの構成を考える際には、具体的にどんなキーワードを使うのかを考えたうえで、構成を決めていきます。AI SEOライターを使うと、キーワードが決まっていればツールが自動的に記事のアウトラインを作ってくれるのです。

AI SEO ライターとは

AI SEOライターを使うことによって、コンテンツ作成者は、SEO対策に最適化された内容のコンテンツを作りやすくなります。キーワードが決まっていれば、ザックリとした枠組みをツールが作ってくれますし、検索ユーザーが探している情報をWEB上から類推し、どんな項目が必要なのかもリストアップしてくれます。目次の細かさやコンテンツの長さなどは、作成側があらかじめ指定できますし、後から調整することも、もちろん可能です。

AI SEO ライターの強み

AI SEOライターを使うと、コンテンツに盛り込みたいキーワードから自動的に内容の構成やザックリとした目次などをツールが作り出してくれます。そのため、その先必要となる作業は、ライターが実際にコンテンツ内容を書きだすという作業だけとなります。SEO対策を意識しながらコンテンツ制作を行う企業にとっては、骨組みをAIが担当し、実際のライティング作業をライターが担当するので、効率的なコンテンツ作成が可能となります。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの利用方法は、とても簡単です。最初に、作成したいコンテンツに対して対策キーワードをいくつか選択して入力します。そして、目次の細かさを5段階から選択すると、AI SEO ライターが自動的にザックリとした目次の骨組みを表示してくれます。それを、目視しながら重複している項目を削除すればOKです。さらに完成度を高めるためには、AI SEO ライターが作成した目次と、他の競合サイトの目次を比較しながら、マニュアル的に最終日調整を行えば、後はライターへコンテンツ作成を依頼するだけの状態となります。

資料請求・お問合せはこちら