【2020年版】Google検索のSEO対策要素210個

【2020年版】Google検索のSEO対策要素210個

Googleは検索順位を決定するための要因として200以上の検索アルゴリズムを使用しています。 Googleのアルゴリズムは非公開のため、100%信頼できる内容とは限りません。 いくつかのものは実証済みですが、海外のSEOスペシャリストの間で賛否両論あるものも含まれています。

目次

ドメイン要因

ドメインの内容によってSEO効果は大きく変わります。その要素となるものはいくつもあり、対策を取りやすいものが多いので、まずはきちんとできているかをチェックしてみましょう。

ドメイン年齢(エイジ)

ドメインエイジがどのくらい検索エンジンにとって重要視されているかは意見の分かれるところですが、古い方がプラスに働きます。

トップドメイン内のキーワードの有無

文章内で使われているキーワードを入れることには、一定の効果があります。しかし、以前のようなSEO対策効果は薄れているのが事実です。

ドメインの最初にキーワード

キーワードが含まれていることには効果があります。しかし、そのキーワードを最初に持って行くということに関しては、それほど大きな効果があるとは言えません。

ドメインの有効期限

有効期限ギリギリのドメインの場合、持続性と信頼性に疑問が付くことがあります。早めにドメイン契約の更新をすることは重要と言えます。

サブドメイン内のキーワード

サブドメインにもキーワードを使用することで、SEO効果はアップします。複数のワードを入れるのは難しいため、ワードを選定することが重要です。

ドメインヒストリー

ドメインのオーナーが何回も変わって検索順位の変更が多い場合、ドメインヒストリーは初期値になります。被リンクもなくなってしまいますので、検索順位が下がります。

キーワードと完全一致のドメイン

以前はドメインネームとキーワードを一致させることで、SEO効果を上げることができました。現在でもある程度の効果がありますが、それほど大きなものではありません。

Whois情報

Whois情報はオンにしておきましょう。Privateモードにして拒否している場合、検索エンジンのチェックを受けたくないと判定されてしまいます。

スパム判定されたWhoisオーナー

スパムと判定された場合ペナルティーを課します。同じオーナーの他のサイトについても、サイトに悪意がないかのチェックが入ることもあります。

TLD(トップレベルドメイン)

最上位レベルのドメインです。ドメイン国によってSEO対策に効果があるかが分かれてきます。.jpでは効果があります。

ページレベルの要因

ページコンテンツの内容や情報の取り上げ方を変えるだけで、有効なSEOとなることがあります。

タイトル中のキーワード

タイトルにキーワードを入れるのは、記事の内容を把握しユーザーを惹きつけるために重要です。

キーワードから始まるタイトル

キーワードだけでは検索結果に大きな影響は与えないものの、初めに持ってくる方が評価は高くなります。

ディスクリプションタグ内のキーワード

検索結果そのものに大きな影響があるわけではありません。ユーザーが検索サイトを見てクリックする率はあがります。

H1タグ内のキーワード

タイトルに次ぐ重要度を持っているのがH1タグです。SEO的にもユーザーの興味を惹くという意味でも重要です。

TF-IDF

文章内のキーワードが出現する確率を判定するものです。あまりに多い場合は逆効果となることもあり、バランスが大事です。

コンテンツの長さ

文章の長さは検索結果に影響を及ぼします。600文字以上のコンテンツがないと、内容が薄いと見なされることもあります。

インデックス

サイトのページ構成を知るために重要です。検索エンジンも必ずインデックスを確認しますので、検索結果に影響します。

キーワードの使用頻度

現在それほど大きな影響を与えません。逆に出現回数が多すぎると、評価が下がることになります。

LSIキーワード

同じ意味でも違う言い回しの単語のことをLSIキーワードと呼びます。同義語を上手に使って文章のボキャブラリーを増やすことは、評価を上げることにつながります。

メタディスクリプション内の共起語

ディスクリプション内での共起語の利用は、文章内での利用と同じ効果を生み出します。上手に利用することで評価を上げられます。

網羅性

サイト全体で見た場合、全体として同じテーマについて多角的に論じているサイトの方が高い評価を受けます。SEO効果を生み出すために、大きなポイントとなります。

ページ表示速度

読み込み速度が速い方がSEO効果が高くなります。検索エンジンは必ず表示速度を計測しています。ユーザーの直帰率にも関係しますので考慮すべき要素です。

Chrome上のページ表示速度

同じGoogleとして、Chromeユーザーのページ表示速度も計測されています。ページの表示速度、特にChromeでの表示速度はチェックすべきポイントです。

AMP

検索アルゴリズムには影響を与えるものではありません。しかし、Googleニュースのモバイル版に取り上げられるために必要なものです。

Entityが合致

特定の対象を形作る属性のことをEntityと言います。この属性が全体的な情報に合致していて、サイト内の整合性が取れている場合評価がアップします。

ハミングバード

ハミングバードとは新しいGoogleの検索アルゴリズムです。テクニカルな要素だけでなく、文章の質や内容を重視しているのが特徴です。

重複コンテンツ

同じようなコンテンツがたくさん同一サイトにある場合、無駄が出ていますし減点の対象となります。そのため、検索結果を下げることにつながります。

Canonicalタグの使用

canonicalタグは、重複しているページを検索エンジンに認識させないためのものです。こうすることで減点を下げ、サイト全体の評価を向上させることができます。

画像の最適化

画像の内容が文章と一致しているかというのも大事な要素です。そのため、ファイル名やキャプションなどを文章にマッチしたものにすることが大事です。

最新性

古い情報よりも新しい情報の方が高く評価されます。そのため、定期的に更新することや、古い情報を削除することはSEOにおいて必要なポイントです。

ページの大規模なアップデート

アップデートは最新性を見るための要素となります。大規模なアップデートをした方が効果的な対策方法となります。

ページの更新頻度

ページをできるだけ頻繁に更新した方が、最新性が高いという評価を受けます。質の高いものとする必要はありますが、できるだけ更新のための作業を続けることは重要課題の一つとなります。

キーワードの出現場所

文章内の初めの方、特にページの100ワード以内にキーワードが入っていると、評価がアップします。キーワードの場所に注意するようにしましょう。

H2、H3タグ内のキーワード

コンテンツの流れを把握するために役立ちます。タイトルやH1タグほどの効果はないものの、読みやすさを上げるためにもHタグにはキーワードを入れることが重要です。

外部リンク

外部リンクはSEOのポイントの一つとなります。より信頼性の高いサイトにリンクを貼ることによって、自サイトの信頼度も上げることができます。

外部リンク先のテーマ

外部リンク先のテーマと、自サイトのテーマは何かしらの関連性があると見なされます。そのため、できるだけ自サイトで書いてある内容と同じジャンルのサイトを選んで、そこにリンクを貼ることは大事です。

文法とスペルミス

読みやすく、正しい日本語を使うことはコンテンツの質を評価するための要素となります。文章チェックはしっかりしましょう。

コピーコンテンツ

コピペによって作られた文章は、検索エンジンから評価されることはありません。コピペが多いと判断されると、インデックスされることなく全く無視されてしまう可能性もあります。

モバイル最適化

スマホなどのモバイルデバイスでの見やすさなどを考えて作られているサイトは高く評価されます。ユーザーとしてもコンテンツの把握がしやすくなりますので、滞留率を高め効果的なサイトとなります。

モバイルユーザーの使いやすさ

表示される文字数や枠の作りなど、モバイルユーザーにとって使いやすいサイトとすることは重要です。Googleでもモバイルユーザー向けのインデックスに紐付けることになり、検索結果に影響してきます。

モバイル用サイトの隠しコンテンツ

隠しコンテンツを作ること自体が大きな問題となるというわけではありません。しかし、しっかりと実のあるページを作っているのに隠す必要があるのか、という疑問を抱かせることになりかねません。

役に立つ追加コンテンツ

サイトの内容に合っているガジェットを追加することは、ユーザーの益となります。買い物かごに入れた商品の合計購入金額の表示などのツールが含まれます。

タブの中に隠されたコンテンツ

タブの中、しかも隠されたコンテンツは基本的にインデックスされることはありません。開発者向けのコメントなどを残しておくなどの目的がありますが、あまり多くしない方が賢明です。

過剰な外部リンク

適切な外部リンクは、サイトの信頼性を高めるために不可欠です。しかし、明らかに過剰なリンクをしている場合逆効果となり、検索エンジンからの評価を下げる原因となってしまいます。

マルチメディア

動画や音声、画像などを入れたページは情報が豊富で、ユーザーに益となります。そのため、SEO効果をもたらすものとなり、検索結果に大きく影響する要因となります。

内部リンクの数

内部リンクの数はSEOに明確な影響を与えます。内部リンクが多いと、サイト内の関連性が高いと判断されますし、読みやすいサイトと見なされるからです。

内部リンクの質

意味があり関連性の高い内部リンクを作ることは重要です。そのため、おすすめ記事や関連記事などのリンクを作って、ユーザーがサイト内に留まってくれるように内部リンクを上手に作りましょう。

リンク切れ

リンク切れが多いと、きちんと管理していないサイトだと見なされて評価が下がります。定期的に外部リンクの状況をチェックして、サイトがなくなっていたらすぐにリンクを削除しましょう。

文章レベル

文章の理解度というのはとても重要です。情報がたくさんあることも大事ですが、読みやすくより多くの人に理解してもらいやすいレベルで文章を作ることで、SEO効果を上げることができます。

アフィリエイトリンク

アフィリエイトのための広告リンクを貼ることに問題はありません。しかし、あまりに数が多い場合や、リンク先が信頼性の低いサイトである場合は、評価を下げる原因となってしまいます。

HTMLエラー

タグの間違いが多いとランクを下げられる原因となります。しかし、多少の間違いがあっても、文法に従いしっかりとコードが記述されていれば、大きな影響はありません。

ドメインオーソリティ

同じような条件で作られているサイトがあった場合、被リンクが多く付けられていて、より多くのサイトに信頼されているサイトの方が評価が高くなります。

ページランク

被リンクが多いなどの信頼度が高いサイトの評価は高くなりますが、基本的にページランクそのものが大きな影響をもたらすわけではありません。

URLの長さ

URLは短い方が有利です。逆に長すぎるURLの場合は、サブドメイン使用のURLと同じようにあまり好まれるものではありません。そのため、URL検討の際には短くまとめることを意識します。

URLの階層

上位の階層にあるページの方が重要度が高いと判断されます。そのため、サイト全体を貫く大事なテーマについて書いている記事は、階層が高いところに配置するようにしましょう。

人的な検索エディター

検索エンジンはAIなどを使って機械的な管理をしています。しかし、Googleなどは人の手を入れて検索エンジンを編集、管理する可能性を持っています。

ページカテゴリ

同じジャンルや内容のカテゴリにまとめられているページは、それだけ関連性が高いとされ重要度が上がります。ブログなどを作る際には、カテゴリ付けをしてある程度サイトをまとめた方が有利です。

WordPressタグ

Wordpressタグは非常に便利で、他のサイトやページとまとめる機能が優れています。これはサイトの見やすさにもつながりますので、SEO効果という面でも意味があり評価を上げるものとなります。

URL内のキーワード

特に大きな効果をもたらすわけではありません。しかし、キーワードを含めた方が多少の高評価を上げますし、ユーザーとしてもサイトの内容を判断するのに役立ちますので対策をしておくべき点です。

カテゴリURLのつながり

カテゴリごとのURLに関連性をもたらすことによって、サイトのつながりが把握しやすくなります。そのため、検索エンジンにとっても高評価を与える要因となります。

言及と引用

文献や公的機関などからの引用、または言及はサイトの信頼性を上げるものとなります。外部リンクとは別の要因となりますので、サイトの内容によっては入れた方が良いでしょう。

箇条書き

記事の見やすさが上がりますので、ページの質を向上させるものとなります。そのため、検索エンジンからの評価が上がります。

サイトマップ内のページプライオリティ

特に重要度が高くプライオリティランクが高いページは、検索エンジンから注目される部分となります。そのまま、サイトランキングに影響します。

過剰な外部リンク

外部リンクを作ることは重要ですが、入れ過ぎは逆効果です。見づらいページとなりますし、意図的なSEOテクニックと思われる可能性もあります。適度な数にコントロールしましょう。

複数のキーワードによるランクイン

同じサイトが、いくつものキーワードで検索結果上位に入っている場合、質の高いサイトだと評価されます。全体的にランクを押し上げる結果となります。

ユーザーにとって魅力的なレイアウト

見やすくてデザイン的にも優れているレイアウトは、サイトの質に影響します。

Parked Domain

ドメインを取得したものの、放置して使われていないものです。時間が経つと低評価の原因となりますので、すぐに利用しましょう。

ページ年齢

新しい情報の方が評価される傾向もありますが、ずっと存在していて被リンクも多いページなどは、より信頼度の高いページと見なされます。

役に立つコンテンツ

情報が豊富で読者のためになる記事は大きな要素です。ただし、質の高いサイトという評価基準とは別のものとなります。

サイトレベルの要因

サイト全体での質の高さや設定なども、SEOに大きな影響を与えます。

価値や独自性

有益な情報を提供し、他のサイトにもないようなオリジナリティの高いサイトはランク上位入りします。逆にコピペサイトは、評価されることもありません。

問い合わせページ

はっきりと問い合わせ先が記載されている方が評価は高くなります。Whois設定と問い合わせ先の情報を合わせることが重要です。

ドメインの信頼性

信頼できるドメインは、より高い評価を受けるための大事な要素です。

サイト構造

ページごとのカテゴライズや、見やすい内部リンクなどを工夫してサイト構造を論理的にします。これは高いSEO効果を生み出します。カテゴリ別の記事量にも注意を払いましょう。

サイト更新

公式には更新頻度は大きなポイントではないとしています。しかし、サイトの最新性と関係のある点ですので、更新をして方がいいという原則は変わりありません。

サイトマップ

検索エンジンのチェックには、サイトマップが欠かせません。インデックスを助けるものとなりますので、必ず作成して送信しましょう。

サイトダウン

サイトがダウンする回数が多いと、不安定なサイトだと見なされて評価が下がります。インデックスから外されるリスクさえあります。

サーバーのロケーション

ランキングに影響する要因となります。ただし、あくまでも地域色の強いサイトに限定されます。

SSL化

セキュリティの観点から非常に重要です。SSL化されていないと評価が下がりますし、そもそもhttpsでないサイトを読み込めないように設定しているブラウザもたくさんあります。

プライバシーポリシーなど

サイト運営上の規約を作ることは、サイトの信頼性を高めるために重要です。そのため、プライバシーポリシーはしっかりと明記しましょう。

メタ情報の重複

メタ情報が重複し過ぎると、サイト全体の不具合につながります。当然質の低いサイトと評価されてしまうことになります。

パンくずリスト

自分がどの階層のページにいるのかを確認できる、サイトの階層リストのことをパンくずリストと呼びます。サイト構造を知るのに役立つということで、SEO効果があります。

モバイル最適化

今やスマホからのウエブアクセスはかなりの割合となっています。そのため、モバイル最適化は検索結果を左右する大事な要素となっています。

YouTube検索

YouTubeサービスは検索結果の上位に上がります。YouTubeでのコンテンツ作成をするというのは、SEOにも効果的な手法と言えます。

ユーザビリティ

どのユーザーにも使いやすいサイトとすることは大事です。閲覧者の滞留時間を長くするのにも役立ちます。

アナリティクスとサーチコンソール

特にGoogleが提供しているツールを使って設定を行うことで、インデックスがされやすくなります。サイト管理にも役立ちますので、必須のツールだと言えます。

ユーザーの口コミ・サイトの知名度

ユーザーからの高評価を受けているサイトは、検索エンジンからも高い評価を受けます。口コミが高評価のサイト、有名なサイトほど検索結果の上位に上がります。

バックリンク要因

SEOにおいて重要なポイントとなるバックリンクも、設定や利用次第でより大きな効果を生み出します。

リンク元のドメイン年齢

古いサイトの方が信頼度が高いということもあって、ドメインエイジは評価の対象となります。

被リンクの数

被リンクを受けていると、それだけ権威があり信頼されているサイトという評価を受けます。それだけ、検索エンジンが最も重要視するポイントの一つです。

別々のIPアドレスからのリンク

別々のIPアドレスからのリンクが多いということは、それだけ多くのサイトに信頼されているということを意味します。よりランキングアップにつながる指標となります。

被リンク元のページの数

被リンク元のページ数が多ければ、それだけ大規模サイトからの信頼を受けているということを指します。その分ランキングを押し上げます。

アンカーテキスト

一定の効果はありますが、昔のような大きな影響をもたらすことはありません。逆にスパムと見なされるものもあるので注意が必要です。

画像のALTテキスト

画像の信頼性を高めるために役立ちますが、それほど大きな効果を生み出すことはありません。

.eduや.govからの被リンク

より権威のあるサイトとして見られる指標となります。しかし、これが直接サイトの評価を示すものとはならないというコメントもあり、ランキングに影響するかは微妙なところです。

被リンク元のページオーソリティ

検索エンジンが重要視するポイントの一つです。より重要性の高いページと見なされるための要因となります。

被リンク元のドメインオーソリティ

リンクの評価基準を高めるものとなります。このポイントを別に指標としているケースもありますので、ドメインオーソリティを考慮することは重要です。

ライバルからの被リンク

同じジャンルのサイトからの被リンクは、権威性を高めるものとなります。もちろん、ジャンルによりますがランキングに影響をもたらすことが考えられます。

悪質サイトからのリンク

何らかの関係性があると考えられるため、低評価の原因となります。

訪問者の書き込み

書き込み数が多い方が、評価の対象となります。しかし、被リンクほどの大きな影響をもたらすものではありません。

広告からのリンク

低評価の原因となることはありませんが、逆に悪影響をもたらすものでもありません。広告からのリンクという認識がなされるからです。

トップページのオーソリティ

トップページは常にサイト全体の評価につながります。そのため、オーソリティ評価はそのまま検索結果に関係します。

no-followリンク

公式には重要な評価指標とはなっていないとみなされています。しかし、一部のリンクにおいてはサイトの質を評価する基準となることが考えられます。

リンクタイプの多様性

いろいろなサイトからのリンクは高評価をもたらします。しかし、コメントやSNSからのリンクが過剰に多い場合は、スパムサイトではないかという疑いを抱かせる原因となりますので注意が必要です。

スポンサードリンクなどの表記

このタイプの表記は、広告などの営利情報が多いと判断される可能性があり、低評価をもたらすリスクとなります。

文中に登場するリンク

文章との関連性が高くナチュラルである、根拠としての引用をしているという判断がなされます。そのため、分離したリンクより評価が上がります。

過度な301リダイレクト

状況によっては必要な301リダイレクトですが、あまりに多い場合は不自然だとみなされ、評価が下がります。

内部リンク(アンカーテキスト)

ページ同士のつながりを示すため、有効な手法です。ただし、外部からの被リンクほどの効果はありません。

リンクタイトル

マウスを置いた時に出てくるリンク先表示は、便利な機能でユーザーに益となります。そのため、多少の評価対象となります。

国名を示すトップレベルドメイン

グローバル基準ではありませんが、国内の評価を上げるのに有効でs。

リンクの場所(コンテンツ内)

記事の初めに出てくるリンクは、後半部分よりも重要度が高いとみなされます。

ページ内のリンクの場所

文章の中に埋め込まれたリンクは、より重要度が高いと判断されます。サイドの枠やページ末に置かれたものよりも重要視されます。

関連性の高いドメインからのリンク

同じジャンルのサイトからのリンクは権威性を上げます。

ページの関連性

同じテーマについて言及しているページからのリンクを受けた方が、権威性が上がりSEO効果をもたらします。

タイトル内のキーワード

自サイトの中で使われているキーワードをタイトルに含めている外部サイトからのリンクがあった場合、高い評価を受ける原因となります。

被リンクの増加スピード

被リンクが急速に増えているということは注目されていて人気があるということを指します。そのため、検索結果の上位に押し上げる力となります。

悪いリンクの増加速度

悪質性があると判断される材料です。そのため、評価を下げてしまいます。

権威性のあるサイトからのリンク

公的機関を含めて権威性のあるサイトからリンクを受けた場合、信頼度があるとみられ検索エンジンに評価されます。

ハブサイトからのリンク

紹介するに値するサイトとしてみなされます。検索結果の上位に評価される大きな理由となります。

Wikipediaからのリンク

基本的にはno-followリンクという扱いを受けています。しかし、権威性のあるサイトからのリンクと考えられるので、評価基準として見ることも可能です。

共起語

リンクタグと近い共起語をチェックすることによって、そのサイトのジャンルやコンテンツを判断しています。

被リンクの古さ

被リンクは新しいものよりも古い方が、信頼性が高いと見られます。

フェイクサイトからのリンク

フェイクサイトは更新がほぼない、書き込みがないなどによって判断されています。フェイクサイトからのリンクは評価の基準とならないことがほとんどです。

ナチュラルリンク

ナチュラルリンク、つまり意図しないリンクは高い評価を受ける基準となります。

相互リンク

ある程度の相互リンクは被リンクを増やすのに役立ちます。しかし、過剰な相互リンクはいわゆるヤラセ行為とみなされますので避けるべきです。

ユーザーが作成したコンテンツのリンク

ユーザー作成の内容は、元サイトの内容と区別されています。そのため、ユーザーが入れたものについてはあまり評価に影響を与えません。

301からのリンク

ダイレクトのリンクの方が効果があると見られていますが、301リンクでも一定の効果を生み出します。

マイクロフォーマット

マイクロフォーマットは、ユーザーからの評価を示すものとなります。そのため、ランクアップにつながりますし、ユーザーからのアクセス率も高くなります。

トラストランク

信頼性を示すランクは、被リンク元サイトの権威性と信頼性によります。良質なサイトからのリンクはトラストランクを上げます。

被リンク元の外部リンクの数

外部リンクの数はある程度の指標となりますが、過剰に被リンク元が外部リンクを貼っている場合、効果は薄れてしまいます。

掲示板サイトからのリンク

スパムとの判断が付きにくいこともあり、諸刃の剣の要素となります。

被リンク元の文字数

文字数が長い記事の方が情報量があり信頼されます。そのため、文字数が多いサイトからのリンクは評価を上げます。

リンク元のコンテンツの質

コンテンツの質はサイト評価の大きな指標です。良いコンテンツを持つサイトからのリンクは検索エンジンに好かれます。

サイト全域からのリンク

サイトの様々な部分からのリンクを受けても、それが別個にカウントされることはありません。あくまでも1サイトからのリンクと見なされます。

ユーザーインタラクション

ユーザーからどのような反応をされ、どんなアクションを起こされるかもSEO対策には重要なポイントとなります。

Rank Brain

Rank Brainとは、ユーザーからのリアクションをチェックするための、Googleが用いるAI検索アルゴリズムです。

CTR(クリック率)

CTRが高いと、人気があり魅力的なサイトと考えられますので、検索結果を左右します。

すべてのキーワードのCTR

キーワードによるクリック率は、ユーザーが関心を示しているかどうかを表す指標となります。

直帰率

他サイトからクリックされたものの、すぐに帰ってしまう率を表す直帰率は、検索結果に影響します。できるだけ滞留してもらえるサイトを作るべきです。

直トラフィック

直接のアクセスによって訪問した率が高いほど検索結果は良くなります。これはChromeユーザーからの解析によってチェックしています。

リピーターの数

ブックマークをするなどして、リピーターが多いサイトは良質で有益だと見なされます。

Pogosticking

検索結果ページでのクリック割合を指すワードです。この割合が高くなるほど、注目サイトと見なされSEO効果を上げます。

ブロックされたサイト

特税サイトをブロックする設定がChromeにはありますが、これに指定されてしまうと評価が下がります。

ブックマーク(Chromeユーザー)

Chromeユーザーがブックマークしたものは、Googleによって解析されています。ブックマークされているほど評価が上がります。

コメント数

コメント数が多いと、人気があり交流が盛んなサイトと見なされ高評価を受けます。

Dwell time

ユーザーの滞留時間が長いサイトは質が高く、情報量が多いとされますので評価が高くなります。

特別なGoogleアルゴリズムルール

Google特有のルールにも注意しましょう。

最新性

クロール日を基準に年齢が定めらます。ブログの毎日更新はある程度有効ですが、以前ほどの効果はありません。

クエリに対する多様な答え

異なるアングルでの解説を載せているサイトは、記事の質が深いと見なされ高評価を受けます。

ユーザーのブラウザ履歴

ユーザー個人の検索結果に反映され、上位表示されるようになります。

検索履歴

ユーザー個人の検索結果に反映されることになります。より検索した内容は上位になります。

強調スニペット

質の高いサイトほど強調スニペットに表示され、よりクリック率を押し上げることにつながります。

ジオターゲティング

サイト作成地もしくは記事に関連した地域のサーバーやアドレスを使った方が有利です。

セーフサーチ

アダルトサイトや暴力表現が含まれるサイトは、セーフサーチモードでは表示されません。

Google+

サービス終了していますので、対象となりません。

YMYLキーワード

人気の高いお金、生活関連のキーワードは、良質サイトだと検索結果に大きな影響を与えます。

DMCA申し立て

デジタルミレニアム著作権法を侵害していると申し立てられ、承認されるとかなり低評価となります。

ドメインの多様性

同じドメインのページは同じ検索ページに表示されませんので、異なるドメインを使うことは有効です。

決済がらみの検索

決済関連ワードは通常サイトとは別枠で処理されることになります。

ローカルサーチ

ユーザーの居住地域に近いサイトほど上位に表示されます。

大手ブランド優遇

ブランド関連のワードについては、大手ブランドの方が自動的にランクアップされます。

ショッピング検索

アイテム名での検索では、ネットショップが表示される傾向があります。

画像検索

ネット上の画像量が多い場合には、通常検索でも画像が表示されることもあります。

Easter Egg Result

特定の日付だけ、検索結果にいたずらワードが出現するという、Googleのお遊びです。

ブランド名キーワード

ブランド名だけを入れて検索すると、そのブランドサイトの異なるページが出ることがあります。

Payday Loan update

スパムを管理するためのシステムを指します。

ブランドシグナル

サイトブランドというのもサイトの優位性を高めるために重要です。

ブランド名のアンカーテキスト

権威性を持たせるものとなりますので、SEO効果の指標となります。

ブランド名サーチ

サイト名での検索をすると、一つのブランドとして扱われ、価値が上昇します。

ブランド名+キーワード

サイト名がブランドとなり、キーワードと一緒に検索すると、次からはキーワードだけの検索でも、サイトが上位に表示されるようになります。

Facebookページへのリンク

「いいね」が多いFacebookページは、サイト表示の割合が高くなる傾向にあります。

Twitter

フォロワー数が多い場合、一つのブランドとして扱われ検索エンジンから注目されます。

LinkedIn

海外で多い傾向ですが、LinkedInを使っていることが多いため、重要な指標となります。

著者名(ライター名)の表示

真贋性を高めますので、高い評価を与えるものとなります。

SNSの真偽

フォロワーが多いのに投稿がないアカウントなどは、フェイクだと診断され低評価となります。

超巨大企業はトップストーリーボックスで言及される

自動的にトップストーリーボックスに掲載されることが多くなります。

リンクなしのブランド言及

リンクがないとしてもブランド言及がある場合、ブランドの注目度を上げる要素となります。

ブリック&モルタルロケーション

企業が住所や地図などを載せることで、実在の企業であることを証明できます。

オンサイトWebスパムの要因

悪質なサイト排除のためのルールにも注意しなくてはなりません。

パンタアップデート

Googleのアルゴリズム刷新で重要なアップデートです。

悪質サイトへのリンク

悪質なサイトへリンクすると、自分のサイトの評価も下げてしまうことになります。

リダイレクト

通常のリダイレクトは構いませんが、隠しリダイレクトは厳禁です。インデックス除外の原因になります。

ポップアップ広告

検索エンジンからの評価を下げる原因となりますので、避けた方が無難です。

全画面表示ポップアップ

これも低評価の原因となります。広告手法としては悪くありませんが、SEO対策には向きません。

行き過ぎた最適化

テクニカルなやり方にこだわるとペナルティーの対象となることもあります。

意味のないコンテンツ

内容が理解できないページはインデックスから除外されてしまうことになります。

ブリッジページ

サイト移転などの理由出ない限り、別ページに飛ばすだけのリダイレクトは評価を下げます。

Above the foldの広告

サイトに入った状態でスクロールなしで表示される画面の広告のことです。ここに複数の広告があるとSEO的にはマイナスです。

隠しアフィリリンク

公開されているものは問題ありませんが、隠しリンクはマイナス評価となります。

フレッド

利益重視で有益な情報を提供していないサイトの評価を下げる、Googleのシステム変更のアップデートです。

アフィリエイトサイト

通常のサイトよりもアフィリエイトサイトは、検索結果を下げられる傾向にあります。

自動生成コンテンツ

AIで判別可能です。インデックス除外という可能性もあります。

ページランクに対する過剰な加工

外部リンクへのノーフォローなどは、単なるアクセス対策とみなされてペナルティーの対象となりえます。

スパムIPアドレス

スパム判定されてしまうと、サイト全体が評価対象外となります。

オフサイトのウェブスパム要因

外部からのアクションにも注意してサイトを運営する必要があります。

メタタグスパム

キーワードを無理に入れるなどは、評価を下げるだけです。

ハッキングされたサイト

インデックスから外されてしまいます。

不自然なリンクの殺到

平常時と比べて異常なリンクが殺到した場合、検索エンジンからの低評価の原因となります。

ペンギンアップデート

アクセス対策のためと判断された被リンクはカウントされず、検索結果にも表示されることはありません。

質の低いリンク

サイトの本コンテンツではなくコメントなどからのリンクが多いと、スパム判定される原因ともなります。

無関係なサイトからの多すぎるリンク

意図的なアクセス稼ぎと見なされて、ペナルティーの対象となったりインデックスから外される原因となります。

不自然なリンクの警告

不自然なリンクがあると、サーチコンソールで警告されます。放置しておくと検索結果を下げることになりますので、対処しましょう。

質の低いディレクトリサイトからのリンク

少数のリンクであれば問題ありませんが、数が多いと不自然と判断されてランクダウンの理由となりえます。

ウィジェットリンク

ウィジェットの利用は便利ですが、自動生成リンクは機械的で不自然となりますので、ランクダウンにつながります。

同じIPアドレスからのリンク

数個のリンクであれば問題ありませんが、過剰にあるとカウントされずペナルティー対象ともなる可能性があります。

ポイズンアンカーテキスト

ハッキングサイトのサインでもある特定のアンカーテキストは、インデックス除外のリスクを生みます。

不自然なリンクスパイク

リンク元や流入状況が不自然でないかはチェックされています。これにより不自然と判定されるとランクダウンにつながります。

記事やプレスリリースからのリンク

意図的なアクセス対策と見られることがあり、検索エンジンからの評価が下がってしまうリスクがあります。

手動による対策

ブラックハットリンクをチェックするための対策方法で、マニュアル管理をするケースも増えてきています。

リンク販売

リンク売買は検索エンジンへの欺瞞行為となることもあり、ペナルティーを課せられる原因となります。

Google Sandbox

一種の監視ツールです。異常なリンクの突然流入などがあるサイトをこの領域の中に置き、どのような状況かを判定するためのものです。ここに入ると検索の可視性が制限されます。

Googleダンス

ランキングに一時的な影響を及ぼす可能性があるもので、アルゴリズムを操作しようとしているかの判定に用いられるGoogleのツールです。

Disavowツール

このツールは、何らかのペナルティーが科されている場合やマイナス判定されている場合に使うもので、ペナルティー解除につながることがあります。

再審査リクエスト

スパム判定などのペナルティーが科されている場合、再審査を依頼することができて、それに通ればペナルティーが解除されます。

一時的なリンクスキーム

スパムリンクを作る人のことを特定して、それにペナルティーを科すなどの対策を講じていますが、そのためのスキームを指します。 

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら