コンテンツSEO成功のポイント

コンテンツSEO成功のポイント

サイトへのアクセス数を増やすには、コンテンツSEOを意識して内容を構成するのが1つのアプローチです。こういったアプローチにトライする人は、コンテンツSEOの概要や対策を進めるときの手順などをひと通り知っておいたほうがよいかもしれません。ここでは、コンテンツSEOを成功させるためのポイントについて解説していきます。

コンテンツSEOについて

アクセス数を増やしたり、スムーズに顧客を獲得できたりするサイトを作るには、最初にコンテンツSEOについてしっかりと理解しておくことが大切です。コンテンツSEOはコンテンツマーケティングとも似ていますが、この2つは少し意味が異なります。コンテンツSEOの意味やコンテンツマーケティングとの違いを、ここではまとめてみました。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOは、ユーザーが求めている情報を提供してアクセス数やコンバージョンを増やしていくアプローチです。ユーザーが必要とする情報が常に発信されているサイトは、検索エンジンのGoogleでも上位に表示されることが多く、自然に人が集まってくる傾向があります。コンテンツSEOでは、ユーザーにとって魅力的な情報をサイトに盛り込むことで、より多くのユーザーが自然に集まってくるような流れを作ります。

コンテンツマーケティングとの違いについて

ブログ、コラムなどのコンテンツでユーザーや潜在顧客を引き付け、最終的に利益につなげるのがコンテンツマーケティングです。こういったマーケティングをおこなうときの最初のステップが、コンテンツSEOです。コンテンツSEOでサイトへのアクセス数をアップすることができれば、ブログや記事を読んでくれる人が増える可能性があります。新規顧客を獲得したりリピーターを定着させたりするうえでも、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの重要なステップです。

コンテンツSEOの手順

コンテンツSEOの手順

実際にコンテンツSEOをおこなうときには、一定の手順があります。コンテンツマーケティングの一環であるコンテンツSEOは、マーケティングの成功率を上げることを常に念頭に置いて進めていくのがポイントです。対策キーワードの決め方やコンテンツの作成方法など、ここでは順に紹介していきます。

対策キーワードを定める

コンテンツSEOをおこなうときの最初のステップになるのが、対策キーワードを定めることです。対策キーワードには自社が提供しているサービスや商品と関係がある言葉を選びますが、このときに1つ押さえておきたいポイントがあります。例えば、ユーザーがサイトを検索するときのスタイルをイメージしておくことです。Googleなどの検索エンジンにユーザーがどういった言葉を入力するかを考えて、対策キーワードを選ぶのがポイントです。

対策キーワードの検索上位コンテンツ分析

コンテンツSEOに役立ちそうな対策キーワードを選んだら、検索上位コンテンツ分析をおこないます。分析の際に利用できるのが、Googleのキーワードプランナーや検索順位チェッカー、Googleサーチコンソールなどのツールです。このようなツールを用いてGoogle、Yahoo、Bingといった検索エンジンでどのような言葉がよく検索されているかをチェックするのが、検索上位コンテンツ分析のプロセスです。

競合サイトを分析

検索上位コンテンツ分析をした後におこなうのが、競合サイトについての分析です。Googleのキーワードプランナーでは、競合サイトがどのようなキーワードで検索されているかがチェックできるページがあります。こういったページを利用すると、競合サイトの戦略などを見ながら対策キーワードを選ぶことができます。競合サイトの名前などが含まれているキーワードは、このプロセスで除いておいたほうがよいかもしれません。

コンテンツトピックと共起語分析

競合サイトを分析したら、コンテンツトピックと共起語分析をおこないます。Googleなどの検索エンジンは、キーワードだけでなくサイトに掲載されているトピックも判断します。サイトに掲載したトピックが検索エンジンで上位に表示されるような内容かどうかを分析することは、コンテンツSEOでも重要なプロセスです。また、検索上位の共起語を調べておくこともアクセス数を増やすのに役立ちます。

コンテンツ企画

対策キーワードがひと通り絞り込めたら、サイトに掲載するコンテンツの企画をおこないましょう。コンテンツを企画するときには、目的にマッチする内容にすることが必要です。ユーザーのペルソナやニーズなどは、コンテンツのプランを練る際に1つのポイントになるでしょう。ユーザーが必要としているような内容のコンテンツを企画するのが成功の秘訣です。

コンテンツ骨子作成

コンテンツのプランが決まったら、大まかな骨子を作っていきます。コンテンツを作成する場合、どのようなトピックを盛り込むかをあらかじめ骨子としてまとめておいたほうがスムーズに作成が進む可能性があります。このような骨子の作成は、情報量が多いコンテンツを作るときにはとくに重要です。複数のトピックにわかれていれば、情報量が多いコンテンツでも1つ1つ段階を踏んで作成が進められるでしょう。

コンテンツ作成

骨子を作った後は、いよいよコンテンツの作成をスタートします。選定した対策キーワードを盛り込むことを意識しながら、ユーザーを自然に引き付けられるような内容にすることが大切です。コンテンツマーケティングをするうえでは、最終的にコンバージョンに結び付くような道筋も作っておきたいところです。商品の紹介ページに購入サイトにアクセスできるタブを設けたり、サイトから説明書をダウンロードできるようにしたりすると、コンテンツマーケティングにもプラスになるかもしれません。

コンテンツ改善

サイトのコンテンツが出来上がったら、次は検証結果などを見ながら必要に応じて内容の改善をおこなっていきます。出来上がったサイトがコンテンツマーケティングに役立つかどうかは、実際に運用を開始して初めてわかります。コンテンツSEOの成果がしっかりとでているか否かは、とくに重要なチェックポイントです。ユーザーの手ごたえをチェックしながら、臨機応変にコンテンツを改善していくことがマーケティングを成功させるうえでは不可欠です。

コンテンツSEOで検証すべき数字とは?

コンテンツSEOの成果をチェックする際に検証しておきたいのが、「いいね」などのシェア数やコンバージョンの数などです。コンテンツマーケティングでは、ほかにもいろいろな数字が検証の対象になります。こういった検証に使える解析ツールは、企業からも人気です。以下では、コンテンツSEOで期待できる効果やコンバージョンの流れ、効果測定の方法などを紹介します。

コンテンツSEOで期待できる効果

コンテンツSEOをおこなった場合、いろいろな効果が期待できます。例えば、サイトへのアクセス数が増えることです。対策キーワードなどをしっかりと選定することで、コンテンツの内容は以前と同じでも自然にアクセス数が増えていくことが考えられます。コンテンツの内容にも工夫をすれば、サイトに親近感をもつユーザーが増えるかもしれません。「いいね」などのシェア数が増えると、企業の知名度もグンとアップする可能性があります。契約や商品の購入といったコンバージョンの数も増えることが予想されるため、売上アップも期待できるでしょう。

コンテンツSEOにおけるコンバージョンまでの流れ

コンテンツSEOをおこなってからコンバージョンに至るまでの流れは、ケースバイケースです。一般的には、次のような流れで進んでいくことが多いようです。

アクセス数が増える

コンバージョンの数が増える場合、サイトのアクセス数に変化が現れるケースが少なくありません。アクセス数が増えてより多くの人がサイトを訪れるようになると、コンバージョンに至る可能性も高くなります。

リピーターが定着する

有益な情報を提供するサイトは、何度も訪れるリピーターがでてくることが多いです。役立つ情報を得るために頻繁にアクセスをするユーザーが定着すると、会社の知名度や評判がアップするケースもあります。

コンバージョン数が増えてシェアが広がる

リピーターが増えると、コンバージョン数もアップする可能性がでてきます。口コミで評判が広まってさらにアクセス数が増えるなど、シェアの拡大につながるよい循環が生まれるのがこの段階です。

効果測定の方法と指標

コンテンツSEOの効果を測定するときは、GoogleアナリティクスやGRCなどのツールを使用する方法があります。Googleアナリティクスは、さまざまな企業がマーケティングに利用しているアクセス解析用のツールです。GRCでは、検索順位がチェックできます。効果測定で用いるのが、指標のKPIです。KPIは、重要目標達成指数とも呼ばれることがあります。KPIによく使われるのが、ページが何回表示されたかを示すPV数やサイトに訪問した数を調べるセッション数などです。このほか、どのようなキーワードでアクセスしたかをチェックする流入キーワード数などが、指標として用いられることがあります。

まとめ

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングは、ノウハウを押さえて進めることが必要です。これから対策をする場合、コンテンツマーケティング(コンテンツSEO)のツールを提供している「imagenavi」などを利用すると業務が効率化できます。「imagenavi」では、SNS運用代行やウェブプロモーションなどもおこなっています。効率化ツールを利用するときは、まずこのようなサービスにお問合せください。

コンテンツマーケティングの運用を効率的にするツール

コンテンツマーケティングの運用にはそれを効率化させることができるツールの利用がほぼ必須だと言えるでしょう。この段落では、効率性を大きく向上させることが可能なツールを紹介します。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

「AI SEOライター」と名前にありますが、AIはあくまでもコンテンツの骨子案を作成するための存在です。AIが行うのは対策キーワードに対しての世の中のニーズの抽出になります。AIが作成した骨子案を人間が確認、修正することでコンテンツが完成するサービスです。

AI SEO ライターとは

「 AI SEO ライター」は、記事構成の業務の円滑化が可能なツールです。対策キーワードを入力することでシステムが自動でユーザーの悩みを絞り込み、SEOに最適な記事構成(アウトライン)を作成。アウトラインには、箇条書きで各段落ごとに記事の内容も発案されます。これにより、ライターごとに出す指示に費やす時間を短縮することが可能です。

AI SEO ライターの強み

「AI SEO ライター」を利用すれば、記事の作成コストを現在の半額以下まで下げることも可能です。多大な労力が必要となるSEO対策を施した記事構成、目次、コンテンツ内容のプランニングが単純な作業で用意できます。大幅な効率化が可能になることで時間の短縮とコスト削減が難しくなくなります。

AI SEO ライターの仕組み

「 AI SEO ライター」は基本的に5つのステップをこなすことで作業を行う仕組みです。最初にSEO対策キーワードを入力。次にアウトライン(目次)の抽出度の細かさを5段階から設定、細かいほど文字数の多い記事作成用の目次の生成に向き、粗く調整するとシンプルな目次生成に向いています。3つ目のステップはアウトライン(目次)の手動調整です。これにより、重複しているアウトラインなどを結合できます。ステップ4はアウトライン(目次)の手動による並び替えの調整です。また、ステップ4では競合サイトとの比較チェックもできます。最後のステップはタイトルの手動修正です。

資料請求・お問合せはこちら