コンテンツマーケティング成功のポイント

コンテンツマーケティング成功のポイント

マーケティングにはさまざまなものがあり、コンテンツマーケティングもその1つです。スマートフォンが普及しインターネットが当たり前のようになった現在、コンテンツマーケティングの導入を希望する企業は後を絶ちません。しかし、コンテンツマーケティングは考えなしに導入して成功するほど簡単なものではないのです。今回はコンテンツマーケティングで成功を収めるために抑えておくべきポイントを紹介していきます。

コンテンツマーケティングについて

マーケティング手法として近年、非常に高い効果が期待されているコンテンツマーケティング。ここではコンテンツマーケティングがどういうものなのかを説明していきます。

コンテンツマーケティングとは?

まず、コンテンツマーケティングはtwitterのようなソーシャルメディアやブログ記事をはじめとするさまざまな系統のwebサイトで、人を惹きつけるような付加価値の高いコンテンツを配信します。そして、そのコンテンツに惹かれた潜在的な顧客を顕在顧客へと育てることで、最終的には利益へと繋げることを目指していく試みです。ユーザーにとって需要のあるコンテンツを配信し続けることで、ユーザーのコンテンツに対する依存度を高めることが期待できます。しかしながら、コンテンツを配信するためにはそのコンテンツを制作する労力が必要です。

コンテンツSEOとの違いについて

ニュアンスが似ていることもあり、混同されることの多いコンテンツマーケティングとコンテンツSEOですが、この2つは別ものと言っていいでしょう。まず、SEO対策というものがあり、これはGoogleのような検索エンジンでの検索結果に、自分のサイトが上位に表示されやすくするための試みです。検索結果で上位に表示されるとそれだけ自然検索からのサイトへの流入数が増え、CV数のアップに期待ができます。以前はそのサイトへのリンク数の多さがSEO対策としてもっとも有効だったのですが、今ではサイトのコンテンツの質が重視されています。 そのためにはユーザーにとって需要のあるコンテンツを作成、配信し続けていくことになりますが、目的はあくまでも検索上位からのCV数アップを目指すことです。コンテンツマーケティングは前述した通り、ソーシャルメディアなどを利用してのマーケティング手法のことをいいます。コンテンツSEOはそのコンテンツマーケティングをより効果的に実践するための手段だといえるでしょう。

コンテンツマーケティングの運用手順

コンテンツマーケティングには手順があります。せっかくコンテンツマーケティングを導入しても、ただ闇雲にコンテンツを配信するだけでは実入りは期待できないでしょう。自分のサイトへとユーザーを引き寄せ、そこから商品の購入へと導いていく必要があります。コンバージョンに繋げるためには「導線作り」が大切です。ここではそのための手順を紹介していきます。

コンテンツマーケティングの運用方法

コンテンツマーケティングを成功させるには、まず最初に運用方法やそれから得られる効果などをしっかりと理解しておく必要があります。コンテンツマーケティングの基礎をきちんと理解しておかないと、目標設定やそれに向けてのプランニングが曖昧なものになってしまう可能性が高いでしょう。この試みは見込み顧客や顕在顧客ごとの購入サイクルを把握し、それに合わせた情報をタイミングよく配信していくことが大切です。事前に過去の成功事例などに目を通しておき、どういった運用をしていくのか方向性を定めておくことをおすすめします。

ユーザーの把握・対策キーワードの設定

次の手順はユーザーが求めているニーズの把握、検索キーワードの対策です。これらを実践するうえで便利なツールにGoogleキーワードプランナーなどがあります。これはキーワードの検索需要や関連キーワード、集客効果の高さなどが判断できるツールです。こういったツールを使うことでユーザーが検索したキーワードからそのユーザーのニーズを把握します。ユーザーをwebサイトへと効果的にアクセスさせるには、ユーザーのニーズを尊重したコンテンツの作成、配信が大切です。

コンテンツのプランニング策定

3つ目の手順はコンテンツプランニングの詳細な計画となります。基本的にコンテンツは情報です。その情報をどういった層にどういった形で配信していくのかというプランをまとめていきます。取り扱う情報は先の手順でキーワードから導き出したユーザーのニーズに合わせたものです。この時のユーザーイメージの設定は曖昧なものでは満足しないようにしましょう。ターゲットとなるユーザー層の内面をより掘り下げて設定し、情報の配信方法にどういったスタイルを活用するのかを詳細に策定します。

コンテンツの作成

4つ目の手順は今までまとめてきた計画を実際にコンテンツという形にしていきます。当然ですが、コンテンツはweb上での配信です。webを利用する以上、SEO対策は欠かせません。つまり、コンテンツSEOをしっかりと意識して作成していくことになります。作り上げられたコンテンツがどんなに優良なものでも、人目につかない所で配信していては残念ながら意味はありません。SEO対策をしっかりと施して集客力を高めることを忘れないようにしましょう。

コンバージョンに至るアクション導線作り

5つ目の手順はコンバージョン、つまり、最終的な成果に結びつけるための導線を作ります。方法の1つとしてあげられるのがすでにあるSEO記事の利用です。要するにすでに人が多数訪れている記事から人を流入させる方法ということになります。記事の中に誘導したい自サイトへの内部リンクを用意することで導線とします。また、目的の商品やサービスに興味を持つような文章を制作することも導線として有効です。

コンテンツの目標設定と効果測定のやり方

コンテンツSEOで検証すべき数字とは?

目標設定と効果測定はコンテンツマーケティングで抑えておきたい大切なポイントです。この段落では、どのように目標を立てて効果を測定していくのか見ていきます。

コンテンツの効果が分からない理由

コンテンツマーケティングを行ううえで直面する問題にコンテンツの効果計測が難しいというものがあります。ある調査によると約3割の人や企業がこの問題に直面しているとのことです。これには理由があり、1つは計測するうえでの目標設定を掲げていない、または設定方法がわからないというもの。もう1つは分析方法がわからないというものです。分析方法に関しては専門家を用意してのPDCAサイクル(計画・実行・評価・改善を繰り返すサイクル)を組む必要があります。

コンテンツの目標設定は売上へのつなげ方

コンテンツの目標設定にはどうやって売上に繋げていくかを設定します。売上は最終的な目的地です。目的地のみを見て突き進むのではなく、そこに至るまでの中継点、つまり小目標を設定していきます。マーケティングの最終目標までの道筋を、企業視点から描いたモデルとして存在するのが「マーケティングファネル」です。ファネルとは日本語でじょうごのことをいいます。じょうごの上の方の大きな口が見込み顧客の入り口で、これらが最終的にじょうごの下の方である小さな口を抜け、購買に至る顕在顧客へと変わっていく過程を表しているわけです。 まず、1に、コンテンツに興味を持ってもらい、2に、その情報を探し調べてもらいます。3に、他社と比較し検討をしてもらい、4に、その結果購入を決めて、5に購入に至るといったように、5段階にわけて注視します。そのうえで、購入までたどり着いた顧客数、受注を受けた案件数、売上などを最終的な目標に置くと、おのずと各段階での目標数値が見えてくるでしょう。各段階での目標値をKPI、最終的な目標をKGIと呼びます。

目標設定に使える代表的なKPI一覧

KPIとはKey Performance Indicatorの略称で、重要業績評価指標のことをいいます。KGIはKey Goal Indicatorの略称で、重要目標達成指数のことです。ここでは目標の設定に重宝する代表的なKPIを紹介します。

獲得成果

PV数、UU数、セッション数、滞在時間、回遊率がこのカテゴリに含まれるKPIです。PV数はPage View、つまり閲覧ページの総数のことをいい、UU数はUnique User(ユニークユーザー)の略で、一定の期間内にサイトに訪れた人数を指します。セッション数はユーザーがサイトに訪れた回数、滞在時間はサイトに滞在していた時間、回遊率はユーザーが訪れた最初のページから何回ほかのページを閲覧したかの数値です。KPIを初めて導入する場合は。このカテゴリ内のものを指標に定めるのが無難でしょう。

認知度、拡散効果

このカテゴリにはシェア数、リツィート数、「いいね!」が含まれす。シェア数はFacebookの「シェア」ボタンを押された数、リツィート数はTwitterである人のツィートがリツィートされた数、「いいね!」はFacebookの「いいね!」ボタンの押された数です。これらを指標にすることでブランドとしての認知度の目安が手に入ります。

コンバージョン

問い合わせ数、申込数、登録数がこのカテゴリでのKPIです。サイト訪問者からの問い合わせ数、商品購入などの申込数、サービスやメルマガなどの登録数がこれらにあたります。

顧客満足度向上

NPS(Net Promoter Score、正味推奨者割合)がこのカテゴリのKPIです。このサイトの商品・サービスを第三者に勧めたいと思う人の割合を指します。

コンテンツマーケティングの成功事例

いまやコンテンツマーケティングはあらゆる企業が導入しています。これは、コンテンツマーケティングがもたらすメリットを考えれば当然の流れです。さて、コンテンツマーケティングを導入するのであれば、まずは成功しているサイトを参考にしてみたいのではないでしょうか。この段落では日本国内での成功例を紹介していきます。

北欧、暮らしの道具店(EC)

このサイトはコンテンツマーケティングの成功例として有名なECサイトです。サイト人気は非常に高く、2018年の時点で月間PV1600万を誇ります。「北欧、暮らしの道具店」のスタンスは、生活スタイルの紹介をするということ。そして、商品の紹介ページのほかには決して商品情報を載せないという点です。これが結果的に大きな共感を呼び、純粋にコンテンツを楽しんだユーザーはこのサイトのファンとなって2度、3度と訪問します。サイトへの愛着が強くなると、商品が欲しくなった際には極力このサイトで購入しようという傾向が強くなります。 「北欧、暮らしの道具店」は、理想的なコンテンツマーケティングのお手本サイトです。

北欧、暮らしの道具店(EC)
出典:北欧、暮らしの道具店(EC)

経営ハッカー(freee)

「経営ハッカー」はfreee株式会社のオウンドメディアです。2019年には月間PV400万を誇っています。このサイトの持ち味は経営やビジネスに関するクオリティの高い情報を幅広く配信し続けていることです。インタビューやコラムなど取り扱っているジャンルは多岐にわたり、経営、ビジネスに関心のあるユーザーの心を掴んで離しません。freee株式会社は「クラウド会計ソフト freee」を取り扱っています。経営やビジネスに興味のあるユーザーは、いずれこのソフトを利用する可能性が高いでしょう。そういったユーザーにファンになってもらうことでコンバージョンに結びつけることに成功しているサイトだと言えます。

経営ハッカー(freee)
出典:経営ハッカー

ライフネット生命(保険)

ライフネット生命は保険会社です。保険はインターネットで売るのは困難だと言われているにも関わらず、ライフネット生命は見事に成功を収めています。ライフネット生命が運営するライフネットジャーナルはサイトを開いてから6ヶ月で累計PV47万を達成済みです。扱っているコンテンツは保険よりもお金や仕事など人生に関わることをメインに据えています。生命保険の購入時期は結婚や出産といった人生の岐路が訪れた時が大半です。

つまり、ライフネットジャーナルは潜在的な顧客層に読者となってもらうことで、ライフネットを身近に感じてもらい、いずれ来るであろう購入時期にライフネットを思い出してもらうことを目的としています。コンテンツマーケティングの本質にアプローチすることで成功を収めている事例です。

ライフネット生命(保険)
出典:ライフネット生命

まとめ

コンテンツマーケティングは基礎をしっかりと理解し、目標設定を事前に打ち立てて効果測定を堅実にこなせば、おのずと成功への道が築かれる手法です。ユーザーのニーズに合わせたコンテンツ制作を心がけ、目指すコンバージョンに向けたプランニングを忘れないようにしましょう。しかし、最初からこれら全てを上手く活用するのはなかなか難しい話です。本文中でも一部紹介しましたが、これらの検証を効率化させることが可能なさまざまなツールが存在します。コンテンツマーケティング(コンテンツSEO)の効率化ツールに興味のある方はまずはお問い合わせをしてみてください。

コンテンツマーケティングの運用を効率的にするツール

コンテンツマーケティングの運用にはそれを効率化させることができるツールの利用がほぼ必須だと言えるでしょう。この段落では、効率性を大きく向上させることが可能なツールを紹介します。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

「AI SEOライター」と名前にありますが、AIはあくまでもコンテンツの骨子案を作成するための存在です。AIが行うのは対策キーワードに対しての世の中のニーズの抽出になります。AIが作成した骨子案を人間が確認、修正することでコンテンツが完成するサービスです。

AI SEO ライターとは

「 AI SEO ライター」は、記事構成の業務の円滑化が可能なツールです。対策キーワードを入力することでシステムが自動でユーザーの悩みを絞り込み、SEOに最適な記事構成(アウトライン)を作成。アウトラインには、箇条書きで各段落ごとに記事の内容も発案されます。これにより、ライターごとに出す指示に費やす時間を短縮することが可能です。

AI SEO ライターの強み

「AI SEO ライター」を利用すれば、記事の作成コストを現在の半額以下まで下げることも可能です。多大な労力が必要となるSEO対策を施した記事構成、目次、コンテンツ内容のプランニングが単純な作業で用意できます。大幅な効率化が可能になることで時間の短縮とコスト削減が難しくなくなります。

AI SEO ライターの仕組み

「 AI SEO ライター」は基本的に5つのステップをこなすことで作業を行う仕組みです。最初にSEO対策キーワードを入力。次にアウトライン(目次)の抽出度の細かさを5段階から設定、細かいほど文字数の多い記事作成用の目次の生成に向き、粗く調整するとシンプルな目次生成に向いています。3つ目のステップはアウトライン(目次)の手動調整です。これにより、重複しているアウトラインなどを結合できます。ステップ4はアウトライン(目次)の手動による並び替えの調整です。また、ステップ4では競合サイトとの比較チェックもできます。最後のステップはタイトルの手動修正です。

資料請求・お問合せはこちら