コンテンツSEOの基礎を徹底解説

コンテンツSEOの基礎を徹底解説

コンテンツSEOというと、少しでも検索結果の上位ページに表示されるようにテクニックを駆使するというイメージがあります。内容よりもテクニック重視に走ってしまいやすいサイトも多いのではないでしょうか。しかしコンテンツSEOの基本は、検索エンジンにどのように評価されるかということよりも、ユーザーが短時間に知りたい情報を素早く見つけられるためのコンテンツを作成することが大切という点にあります。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOには、コンテンツの内容の構成や書き方を工夫することによって、ユーザーにとって読みやすいコンテンツを作るとともに、検索結果の上位ページへ表示されやすいコンテンツ作りを目指すという作業です。手法にはいろいろなものがあり、ライティングを工夫する方法に加え、キーワードの出現頻度やコンテンツ内での位置、また被リンクを増やすなど多種多様となっています。

コンテンツSEOとは?

SEOを意識したコンテンツ作成は、自社の商品やサービスをより多くのユーザーに知ってもらうことにつながります。また、ユーザーが知りたいと思っている情報をコンテンツの中に分かりやすくライティングすることにより、多くのユーザーがリピート訪問してくれることにもつながります。SEO対策をする事は、ユーザーにとっては知りたい情報を素早く見つけられるというメリットがあるとともに、企業にとってはPV数を増やして企業利益につながるというメリットが期待できます。

コンテンツマーケティングとの違いについて

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは、同一のものだと思っている人がとても多いのですが、実際には同じものではありません。分かりやすくいうと、コンテンツマーケティングには、WEB上に広告を出したりメルマガを発行したり、またSNSを使ったマーケティングを含むWEBマーケティングとSEO対策をするコンテンツSEOとがあります。つまり、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの中に含まれているというわけです。

コンテンツSEOの目的

SEO対策を意識したコンテンツ作成には、PV数をアップしてより多くのユーザーに自社の製品やサービスを知ってもらうという目的があるほか、ユーザーが検索した時に、検索エンジンが読み取りやすいコンテンツを作ることによって上位ページへの表示を可能にするという目的があります。そのためのSEO対策の手法にはいろいろなものがありますが、無料もしくは有料のツールを利用することで、効率的なSEO対策が可能となります。

流入増・セッション増

SEO対策を意識したコンテンツ作りにおいては、将来的に見込み客となる潜在層を獲得するという目的があります。どんなに優秀な商品やサービスを提供していても、ユーザーに知られていなければ販売増にはつながりません。そのため、SEO対策をする事によってPV数を増やし、より多くのユーザーに自サイトの存在および販売している商品やサービスについて知ってもらうことが可能となります。ちなみに、How To系のサイトの多くは、こうした潜在層を獲得する目的でコンテンツが作られています。

コンバージョン増

自サイトから商品やサービスに興味を持ってくれて、実際に購入や問い合わせをしてくれるユーザーを増やすこともまた、SEO対策の目的の一つです。潜在的な顧客の獲得から、実際に購入してくれる顧客へのコンバージョンを増やすためには、いろいろなSEO対策の手法やアイデアがあります。例えば、着物のコーデを楽しめるサイトを作り、最終的に自社ですべてのコーデを試着販売できると知らせれば、興味のある顧客の獲得につながるでしょう。

キーワードでの上位表示

SEO対策では、ユーザーが特定のキーワードで検索した時にできるだけ上位ページへの表示を可能にすることが大きな目的です。キーワードにはいろいろなものがありますが、多くのユーザーが良く使うビッグなキーワード選定による検索で上位ページへ表示されれば、より多くのユーザーを獲得することにもつながるわけです。そのために、関連キーワードを使ったコンテンツ作成などが必要となります。

ターゲットの設定

WEBサイト上のコンテンツは、それぞれ特定のターゲットを対象にしています。例えば車のメンテナンス系のサイトなら、車が好きな人やメカニックな人を対象にしているわけですし、女性よりも男性を対象にしたものが多いでしょう。SEO対策では、このようにまずコンテンツ作成に当たっては、ターゲットを設定した上で、関連する検索キーワード選定やコンテンツのテーマを決めていきます。

ターゲットを決める

コンテンツのターゲットを決める作業は、SEO対策を意識したコンテンツ作りでは、最初に行う必要不可欠な作業です。ターゲットを決める際には、男女の性別だけでなく、ザックリとした年代や、住んでいる地域、雇用形態なども決めることによって、よりユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成できますし、それが上位ページへの表示にもつながります。例えば、美容系の商品を紹介するコンテンツでも、専業主婦と働くキャリア女子とでは、興味や関心にはズレがあるでしょう。そうした差をしっかりと理解したコンテンツを作ることで、潜在客を購入客へとコンバージョンさせることにつながります。

検索キーワードを選定する

コンテンツ作成では、まず検索キーワードを選定することが必要です。多くの人が検索の際に使うビッグキーワードだけではなく、関連するキーワードもいくつかピックアップすることで、より検索エンジンが読み取りやすいコンテンツ作りが可能となります。SEO対策ができるツールの中には、ビッグキーワードと合わせて良く検索されている関連キーワードを選定してくれる優秀なツールもあるので、活用しながら関連キーワードをふんだんに盛り込むのがおすすめです。

コンテンツSEOの作業手順

SEO対策を意識したコンテンツ作りでは、やみくもにコンテンツをライティングし始めても、最終的にはまとまりのないコンテンツの集まりになってしまうことが多いものです。作業手順をしっかりと踏まえたうえで、何回もやり直す必要がない完成度の高いコンテンツを作りましょう。

自社の商品・サービスの分析

コンテンツ作成の前に、まずは自社の商品およびサービスが誰をターゲットにしているかを分析しましょう。性別、年代、住んでいる地域などを統計化した上で、特定のターゲットが検索するキーワードを絞り込んでいくのがおすすめです。例えば、Eラーニングなどの学習系サイトでは、資格取得によって転職に有利にしたい人が多く利用するため、ターゲットの年代は20代から30代にかけての男女の会社員と絞り込むことができます。

検索ユーザーの要望・お悩み・疑問を抱えているのかを考える

検索エンジンを使って情報検索をするユーザーの多くは、特定の何かを探していたり、悩みや疑問を持っていて、それを解決してくれる情報をネット上に求めているものです。そうした検索ユーザーの要望に応えることができるコンテンツなら、同じ悩みや要望を持つユーザーが多く利用してくれるのではないでしょうか。そのためには、コンテンツの内容は、そうしたユーザーの疑問や悩み、不安や要望に応えてくれる内容がギュッと凝縮されていることが必要です。

作成するコンテンツを企画する

ユーザーのターゲット層や内容をザックリと決めたら、次はいよいよ具体的にコンテンツの構成を企画していきましょう。一つのページにたくさんの情報を盛り込もうとしても、ページが長くて見づらくなりますし、ユーザーが探している情報が埋もれてしまい、ページが使いづらくなってしまいます。そのため、コンテンツの構造は、できるだけテーマごとに分類して階層化するのがおすすめです。コンテンツを書き始めてから階層化しようとしても、作業のやり直しになりかねませんから、最初にコンテンツの構造をしっかりと組み立てたうえで、内容をライティングするという順番がおすすめです。

競合サイトのページをチェックする

コンテンツの構造をどのようにすれば、検索結果の上位ページへ表示されやすくなるかを知るには、実際に上位ページに表示されているサイトの構造を分析するのが早道です。競合サイトやライバルサイトのページをチェックして分析することによって、自サイトに不足している部分を見つけることができますし、競合サイトを参考にしながら自サイトの構造や書き方を、より上位ページに表示されやすいものへと改善できます。SEO対策ツールの中には、競合サイトと比較してくれるものもあるので、うまく活用しましょう。

対策するSEOキーワードを選定する

SEO対策においては、どのようなキーワードを使うと上位ページに表示されやすいかという点が検索エンジンごとに異なります。多くのユーザーが利用するビッグキーワードだけでは、どうしても上位ページへの表示は難しいものです。そのため、ビッグキーワードに合わせて関連するキーワードもいくつかピックアップした上で、コンテンツの構造の中にうまく取り入れると良いでしょう。

対策キーワードでの検索上位を参考にコンテンツ骨子を作成する

コンテンツの中に含める対策キーワードをいくつかピックアップしたら、検索上位ページに表示されるサイトを参考にしながら、コンテンツの実際の骨組みを作っていきましょう。一つ一つを手作業で行うことも可能ですが、AIを利用して上位ページへ表示されやすい目次作成をしてくれるSEO対策ツールなどがあるので、うまく活用したいものです。目次作成でこうしたツールを活用することができれば、効率的に効果的なコンテンツ骨子作成ができるのではないでしょうか。

コンテンツの原稿の執筆

サイトの構造及び各コンテンツの目次ができたら、いよいよコンテンツの内容をライティングしていきます。ライティングの際にもSEO対策のコツはいくつかあるため、何でも好きなようにライティングすればOKというわけではありません。例えば、キーワードはできるだけコンテンツの最初の方に盛り込むとか、バランスよくキーワードの数を頻出させるなどのコツを抑えることによって、コンテンツのSEO内部対策という点でも優秀な原稿執筆ができるでしょう。

コンテンツを公開する

コンテンツのライティングが終わったら、いよいよコンテンツをWEB上にアップロードして公開しましょう。公開されたコンテンツに対しては、いつどのぐらいのPV数があったのかをトラッキングすることによって、どのぐらいのユーザーがどんな情報に興味があるのかを知ることができます。SEO対策のツールを利用すれば、こうしたトラッキングの作業も簡単にできます。

公開完了後、次のコンテンツをPDCAサイクルで回す

PDCAサイクルというのは、業務管理のためのフレームワークで、計画、実行、評価、改善をサイクルとして行うことを指しています。コンテンツを計画して作成し、WEB上に乗せたら、その状況を分析して評価し、改善できる点を見つけ、さらに改善しながら次のコンテンツ公開のための準備をする作業が必要となります。WEBに乗せたら放置というのでは、せっかくの潜在顧客を逃してしまうかもしれません。

コンテンツSEOのライティングを効率化するツール

SEO対策を意識したコンテンツ作成においては、無料・有料の対策ツールを上手く活用すると便利です。ツールの中には、SEO対策を統合的に分析したりサポートしてくれるものもあれば、ピンポイントでSEO対策のための分析や評価ができるものもあります。その中でも、作業の効率化及び時短の効果が高く、上位ページへの表示を容易にしてくれる優秀なツールをご紹介しましょう。

AIでコンテンツ骨子案を作成出来る「AI SEOライター」

SEO対策の中でも、コンテンツの枠組みを決めたり階層化を決める作業は、簡単そうで意外と難しいものです。その面倒な作業を迅速に、しかもSEO対策効果も最大限に享受できる方法の一つに、AI SEOライターというツールを使う方法があります。これはAIを採用しているSEO対策ツールの一つで、キーワードを入力すると、AIが膨大なWEBの中から関連キーワードなどを収集して分析し上位ページへと表示されやすいコンテンツの骨子作成をサポートしてくれるという便利なものです。AIが目次を作成した後で重複している部分を削除したり、微調整することはもちろん可能なので、使いやすいツールと言えるでしょう。

AI SEO ライターとは

AI SEO ライターとは、AIを使ってコンテンツの骨子ができるという便利なSEO対策ツールです。特定のキーワードを入力すると、後はAIが自動的に骨子を作成してくれるわけですが、ボリュームは5段階に設定できるため、コンテンツの長さやページ数を管理しやすいという点も魅力です。

AI SEO ライターの強み

従来のSEO内部対策には、コンテンツの内容や骨子の部分で、膨大な時間や手間をかけなければいけませんでした。しかしAI SEO ライターを使うことによって、AIがWEBの膨大な情報を分析した上で、上位表示されやすいコンテンツ作成ができるため、作業の大きな効率化が期待できます。失敗しないコンテンツ骨子を作成したい人におすすめのツールではないでしょうか。

AI SEO ライターの仕組み

AI SEO ライターの使い方はとても簡単です。ユーザーは、キーワードを入力して、コンテンツのボリュームを5段階設定の中から選択するだけ。その後は、AIが自動的にコンテンツの目次を作成してくれます。後はライティングをするだけなので、楽チンです。AI SEOライターを使えば、どのコンテンツにどんなキーワード選定をすれば良いかが分かりますし、SEO対策で最適化されたコンテンツ骨子を自動で気にAIが作ってくれるので、ライターにとってもライティングしやすいSEO対策が可能となります。

資料請求・お問合せはこちら